【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

6Dec2009

夜食にお茶漬け

 
レシピとは呼べない物ですが、夜食にお茶漬けを作ったのでアップします。
 
写真も適当。。。
 
 
 
 

夜食にお茶漬け

夜食にお茶漬け


 
 
 
 
一応作り方。
 
 
 

昆布を水に浸すこと24時間。
 
そのまま鍋で弱火にかけ、70度くらいですぐに火を止めちゃいます。 

昆布だしの出来上がり。 
 
これはペットボトル等で作り置きしておくと簡単です。
 
 
 

ちなみに”もつ鍋”のレシピを書いた時は 「昆布は沸騰しても取り出さない。捨てたらもったいない。」 などと書いていましたが、ケースバイケースです。
 
お茶漬け出汁は70度ストップで!
 
その代わり、昆布は後ほど再利用します。
 
 
 
 
 
 
昆布ダシと言っても、通常はここから塩や薄口醤油などを入れますが、 
 
今回は夜食だしたらこの塩分だけで食べたかったので、塩系は入れませんでした。
 
精進料理みたい。。 
 
 
 
 
 

 
具を用意します。
 
夜食の場合はもちろん直接ごはんに盛りますが、写真を撮る為一応お皿へ。。。
 
 
 

たらこ ←買ってきたものを切る。
 
しらす ←買ってきたものを盛る。
 
カブおろし ←大根が無かったのでカブで代用。 加熱しない場合は断然大根おろしのほうが好み。
 

 
 
 

食べ方。
 
 
とりあえずたらこを一切れ。そしてご飯。
 
次にご飯にオロシを乗せ、その上にしらす、そして醤油をかけて口にかき込む。
 
最後にタラコ以外を全部ご飯に乗せ、ダシをかけ、たらこをおかずにガツガツ食べる。
 
 
 
 
あっさりしていて夜食にはピッタリでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では昆布の再利用法です。
 
 
 
今回は70度という低温で取り出したので、捨ててしまってはもったいないです。
 
そこで”昆布おむすび”の中に入ってるやつを作ってみます。
 
 
 
手順
 
 
取り出した昆布を細かく切る。
 
包丁で切る場合、良くスベるので大変難しいです(笑

昆布がこんなにスベるとは、乾燥昆布をハサミで切った事しかない僕は知りませんでした・・・
 
 
 
鍋に
 
昆布

醤油
みりん
砂糖
 
を入れて、煮詰める。

 
 
 
 
 
 
これで次回のお茶漬けの具ができましたね(笑
 
夜食にお茶漬けは最高ですが、ご飯をよく食べるので太りそう。。。
 
 
 
 
 
【今日のポイント】

・昆布は70度になったら取り出す
 
それ以上の温度にすると、海臭くなります。
 
ただし私的には料理によっては溶けるまでグツグツ煮るのもアリだと思っていますので、海臭さを活かしたい場合は気にせず煮ましょう。
 
例えばこちらの”モツ鍋”。 
 
 
 
・取り出した昆布は再利用
 
こうする事で、気兼ねなく昆布を取り出せます!
 
 
 
 
・昆布水はペットボトルに作り置き 

使いたい時にすぐ使えますね。
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした