【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

4Jan2010

webショップ用写真撮影の鉄則(基礎の基礎)

 
 
今回のタイトルにある「”webショップ用”商品写真」ですが、強調したい所は”ショップ”ではなく”web用”という部分です。
 
  
【web用写真】 と対比しているのは 【印刷用写真】 すなわち、普通の写真です^^;
 
このブログはネットショップ運営者向けブログですので、やはり印刷用の写真よりもweb用の写真の使用頻度の方が高いと思います。
 
 
ここまで読んで「印刷用の写真」と「web用の写真」ってそんなに違うの?と思った方がいるはずです!
 
実は、この2つは全く違います!
 
 
 
web用と印刷用の写真で異なるポイントを簡潔に挙げます。
 
ただし私は印刷用の商品写真については全くのド素人ですので、あまり鵜呑みにしないでください・・・(笑
印刷用の写真の方は、芸術的な写真を撮る様な状況ではなく、お父さんが子供の運動会の写真を撮る状況のイメージで聞き流して頂ければ・・・と思います。
 
 
 
 
まず、 撮影サイズ
 
web用は小さいサイズで撮る
印刷用はなるべく大きいサイズで撮る
 
 
次に、 明るさ
 
web用は標準的・一般的な明るさにする
印刷用は自分の好きな露出で撮る
 
 
そして、 
 
web用は使用するページの周囲の写真と色を合わせる
印刷用は自分の好みの色合いを出す
 
 
 
と、基本的な部分でもこんなに違いがあります。
 
 
その原因は・・・・
 
 
 
web用は閲覧者のモニタ環境によって明るさ・色が変わる
印刷用は自分で印刷した物をそのまま閲覧できる

 
という事です。
 
 

そうです。web用とはインターネット上に置き、どこからでも見れる状態の事、すなわちどんな設定のモニタで見られるか分からないのです!
 
ある程度「色合い・明るさ」などの異なる環境でも、ベストな結果が出せる用に調節された写真が 【webショップ用写真】 という事になります。
 
 
 
 
概要が分かったところで、先ほど述べた一つ一つの理由を説明します。
 
 
 
 
撮影サイズについて
 
印刷用は大きく撮る
web用は小さく撮る

 
 
これはモニタと印刷用に求められる解像度の違いからです。
 
一般的なモニタの解像度は72ppi?100ppi程度です。
 
これに対して写真を綺麗にプリントをする時に必要な解像度は300dpi程度です。dpiが低いとカクカクしたモザイクがかった写真になります。
 
単純に考えると上の事から、同じ大きさの画像を作るときに、印刷時はモニタに比べて3倍以上の解像度(サイズ)が必要だと分かります。
 
 
もちろん「大きく撮っても小さく加工すればいい」という事はあります。
ただ、加工の手間や画質の劣化を考えると、不必要に大きく撮る事はオススメしません。
 
 
 
ちなみにppiとは「ピクセル・パー・インチ」
dpiとは「ドット・パー・インチ」の略で
どちらも1インチ中に何個のドットがはいるか、という意味です。
 
 
 
 
 
 
明るさについて
 
web用は標準的な明るさにする
印刷用は自分の好きな露出で撮る

 
 
印刷用に関しては、自分の好みの明るさで撮ってプリントした物が「完成形」となります。
明るい写真が良ければ明るくできるし、その反対も可能です。
 
ただしweb用の場合は状況が違います。
前回も触れましたが「見る人のモニタ環境によって表示が変わる」からです。
 
自分の使っているモニタで「少し明るめ」の写真が、他の人のモニタでは「すごく明るくでよくわからない」状態になっている可能性もあります。
 
 
これを防ぐ為に知っておかなければいけない事は
自分が使っているモニタの明るさ
です。
 
モニタによっては暗めの設定の物から明るい設定の物までいろいろありますし、使用者自身の好みに設定する事も可能です。
 
機種によってはデフォルトの状態で「明るさ最大」になっているモニタもありますので、最低限、写真撮影時には標準的な明るさに戻すようにします。
(何が「標準」かは難しいところです^^; 電気屋などでいろんなモニタを見て比べるしか方法はなさそうですね・・・) 
 
 
 
 
色について
 
web用は周囲の写真と色を合わせる
印刷用は自分の好みの色合いを出す

 
 
印刷用のほうは明るさの項と同じ理由です。
印刷してしまえば、誰に見せても同じ写真ですね。
 
 
web用についてですが、これは【webショップの商品写真】という事に注目して下さい。
 
 
ネットショップの商品写真の場合、同じ商品の写真を違う色で撮る、という事は避けなくてはいけません。
写真のみで商品の色を判断しなければいけないのに、写真によって色が違うのではどの色が本物に近いのかが分からなくなってしまいますよね。
 
上の様な理由で同じ商品の写真は全て同じ色で撮る様にしてください。
 
 
 
 
 
 
まとめ
 
 
サイズ: 必要なサイズ以上は不必要に大きく撮らない
明るさ: 標準的な明るさを意識
色: 同じ商品は必ず同じ色になる様に

  
webショップ用写真はこの様に撮りましょう。
 
 
 
 
商品写真補正が90円から
当サイトでは商品写真補正サービスを行なっています。
Photoshopを持っていないショップ運営者の方、写真補正を外注したい方、是非ご連絡ください。

関連記事