【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

23Feb2010

テーマを決める事の重要性

【2007年に他サイトで書いたブログ記事を再アップします。】
 
 
 
 
 
ネットショップにとって明確なテーマを決める事はとても大事です。

テーマを決めてショップの個性を確立させる事はマーケティング上とても大切な事ですが、SEOを考えると【ネットショップ】にとってのテーマは実店舗と比べて何倍も重要な要素となっています。

それは何故か。
(今回は主にSEO的観点から考えます。) 
 
 
 
 
 
以前、と言ってもほんの5年ほど前までは「インターネットはごちゃごちゃしている」という言葉を良く耳にしましたが、現在はずいぶん様子が違います。
 
 
検索エンジンの普及により現在のインターネットは
 
「整理された情報」
  
の世界になっています。
 
 
この「整理された」インターネットの中では「自分が何者なのか?」という情報とそれに伴うカテゴライズにより、特定の情報を求める人に特定の情報提供する仕組みが出来上がっています。
 
 
 
自分がネットショップ運営のブログを書いていれば意識的に「ネットショップ 運営」というキーワードを使い自身をカテゴライズしますし、ネットショップ運営の情報を得たい人は検索エンジンで「ネットショップ 運営」という特定のキーワードで検索をします。
 
 
ブログ・SNSでのコミュニティ化など、検索エンジン以外でも、似たキーワードを持つサイト、それを求める人が自然と一箇所に固まる現象がインターネットの世界では日々起きています。
 
 
 
 
そういった世界の中で、
 
明確なキーワードで自分をカテゴライズしない、という事は自分をアピールしない 
 
という事になってしまいます。
 
 
 
  
つまりネットショップは「商品の種類」「雰囲気」「ターゲット」「その他特筆すべきサービス」を明確に意識し、それを具体的な「上位表示を狙うキーワード」で表現をしてどんどん使っていく事で自分をカテゴライズしなければいけません。
 
 
すでに多くの人が訪れるサイトでは「おもちゃ」や「雑貨」という大きなカテゴリー(キーワード)でも注目される(上位表示される)でしょうが、始めたばかりのサイトではほぼ不可能でしょう。
 
 
そうすると自分をより細分化してゆくしか方法はありません。
 
「おもちゃ 鉄道模型」や「雑貨 キッチン用品」など、カテゴリー(キーワード)をより細かくすればライバルも減り注目度が上がってきます。
 
 
ネットショップにとって「明確なキーワードを決める」という事は、マーケティング的な意味だけでなくSEO的に損をしない為の仕組み作りにもなる訳です。
 
「損をしない」というのは、もしサイトの内容がどんなに優れていてもキーワードを意識的にアピールしないと、それを求める人まで届かない、という事です。
 
実力では勝っていてもSEOの仕組みを理解しないが為に負けていては「明らかに損」ですね。
 
 
 
今日はまず「自分のテーマ」を掘り下げていく事から始めてみましょう。
そして今後は「テーマ」を明確な「キーワード」として、どんどん使っていってください。
 
 
 

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした