【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

4Feb2010

ポークフィレステーキ はちみつレモンソース

 
 
意外と安めの「豚ヒレ」。
 
 
ヒレカツの圧倒的な存在感に押されて、それ以外の料理がかすんでいますよね(笑
 
 
今日は1本まるごとで買ってきた豚ヒレを使って、ポークフィレステーキを作りました。
 
 
 
 
 
 
ポークフィレステーキ はちみつレモンソース
 
 
 

ポークステーキ はちみつレモンソース

ポークステーキ はちみつレモンソース


 
材料:
 
豚ヒレ(まるごと)
にんにく
レモン

こしょう
はちみつ
添え合わせの野菜

 
 
 
 
 
 
豚ヒレの下準備
 
 
1cm?2cmに切り、筋(管みたいに見えるやつ)を切り包丁の腹やヘラで叩きのばす。
 
小さい場合は、厚めに切って切れ目を入れて開く(ほたての刺身みたいにする)といい。
 
塩・胡椒をして手で叩き馴染ませる。
 
これ以降塩は入れないので、完成を見据えた塩加減をする。
 
 
 
 
はちみつレモンソースの準備
 
レモンを絞って、その半量?同量のはちみつと混ぜる。
 
 
 
 
添え合わせ野菜の準備
 
今回は塩茹でをしましたが、バターソテーのほうが合うと思います。 
 
 
 
 
焼く
 
ガーリックの芯を抜きスライスして、フライパンにいれる。
 
オリーブオイルを”多め”に入れて弱火で”ガーリックが色づくまで”のんびり加熱する。
 
肉をいれたら中火にする。 1分程度で肉汁がにじみ出てきたら「返し」のサイン。
 
反対面も1分程度でOK。
 
 
 
 
ソースの調理
 
今回は事情があり、準備したソースをお皿の上でかけました。
 
が、絶対に肉を焼いたパンでひと煮たちさせたほうがおいしいです。
 
 

 

 
 
 
感想
 
他の部位と比べると多少匂いのある(?) ヒレ部位 がさっぱりおいしく食べられました。
 
おもいつきレシピだったので、客人に出すまでにはまだまだ改善の余地あり。 
 
 
 
 
 

 
 
今日の反省&ポイント
 
・フィレ肉が柔らかかったので、一般的な肉叩きを使うのをやめました。 柔らかい肉 or 叩きのばす 場合は、包丁の腹やお好み焼きのヘラを使うといいです。
 
・ステーキ系の添え合わせには バターソテー が一番だと思い込んでいる自分。。 カロリーを考えて塩茹でにすると、ソースが引き立ちます。
 
・レモンソース系はよくクリームと合わせますね。 このレシピも「肉を焼いた後に生クリームとバターでソースをひと煮たち」させると美味しいと思います。 誰か代わりに作ってレポートしてください(笑
 
 
 
 
  
 

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした