【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

27Mar2011

ドメイン関連の詐欺メールに注意

さきほど、非常に手の込んだ詐欺メールが来たので、そのお話です。

ドメインの期限が切れるので、更新してください。 という内容で、支払いページへのリンクが張ってあります。

もちろん英語のメール。

これだけならよく見る内容のメールだけど、このメールが凄いのは僕の名前はもちろん、自宅住所・電話番号まで記載して真実味をもたせている所なんです。

ドメインを取得した際に実際に登録した情報なので、初心者ではない僕でも一瞬正規のドメイン管理会社からのメールかと思ってしまいました。

ここで疑問なのは、なぜ個人情報が漏れているのか?という点でしょう。

ドメインを取得する際には、取得する本人やドメイン管理者の情報を登録する必要があるのですが、

ドメイン登録者情報は、簡単に誰にでも見られる状態になっています。

これはwho is情報と言って世界中の決まりなので、匿名でドメインを取得する事はできません。

ただし個人でドメインを取得する場合は「個人情報をさらしたくない」という人も多いでしょう。

安心してください。

ドメイン管理会社によっては「who is情報を当社の名前・住所にできます」というサービスをやっているところがあります。

ネットショップを始めよう、という人は匿名の必要はないと思いますが、個人でドメインを取得する時に参考になれば幸いです。

覚えのない請求メールは安易に信じないように注意が必要ですね。

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした