【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

2Apr2011

meta description の最新動向

 
 
元ネタはこちら
 
  

SEO関連のブログで、気になった記事をひとつ紹介します。 

<head>内のメタタグに<description>という項目があります。

<meta name=”description” content=”メタについてのブログ記事です。”>

という風にページの概要を書くことで、検索結果の説明の欄に表示させる事ができるのです。
 

ただし必ずしもdescriptionの内容が表示されるわけではなく、本文の中から検索キーワード付近を勝手に抜粋して表示される事もあります。
 
その場合はページの内容が適切にユーザーに伝わらなかったりする為、出来る限り任意の文章であるdescriptionを表示させる事が好ましいわけです。

 
 
通常は一つのターゲットキーワードを決めてdescriptionを書き、そのキーワードで検索された時はdescriptionの内容が表示される様にします。
 
つまり、任意の内容であるdescriptionを表示させられるのは狙った1つのキーワードだけである。という事です。
 
もちろん、絶妙なバランスでキーワードを埋め込んだdescriptionを作成したり、そもそも競争率の低いキーワードの場合は1つだけに限りません。
それは今回は置いときます^^;)
 

 
今回僕が驚いたのは、元ネタのブログ筆者はdescriptionを二つ書くことで、2つのキーワードに対応させたという事です。
 
例えば、「metaタグ description」 をターゲットにしたdescrioptionの一例が以下にあります。
 
<meta name=”descrioption” content=”metaタグの書き方を説明しています。descrioptionはページの内容を説明する項目でmeta name=description content=内容 という風に記述します。”>

metaタグ description と検索すると、検索結果の説明欄に上記の内容が出たとします。
 
 

今回は更に貪欲に「SEO対策 metaタグ」というキーワードにも、適切な説明文の表示を狙っていきます!
 
前述の通り、descriptionの中に2つの説明文を書いていきます。
 

<meta name=”descrioption” content=”metaタグの書き方を説明しています。descrioptionはページの内容を説明する項目でmeta name=description content=内容 という風に記述します。 SEO対策に大切なdescriptionの書き方を説明しています。SEO対策ではhead内のmetaデータが重要になります。descriptionに書いた内容は検索結果の説明部分に表示されます。”>

 
これにより、「metaタグ description」 と検索した場合には

metaタグの書き方を説明しています。descrioptionはページの内容を説明する項目でmeta name=description content=内容 という風に記述します。metaタグはhead内に書きます。

「SEO対策 metaタグ」 と検索した場合には

SEO対策に大切なdescriptionの書き方を説明しています。SEO対策ではhead内のmetaデータが重要になります。descriptionに書いた内容は検索結果の説明部分に表示されます。
 

とキーワードによって説明文が変わるそうです。
 

僕も初めて聞いた話なので、実践した事はありませんが、いい機会があれば試してみます。 

関連記事