【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

10Aug2011

[HTC EVO] アンドロイド向けRTM連携アプリの比較

スマホ導入で一番使いたかったアプリ「RTM」

スマホ導入で一番使いたかったアプリ「RTM」


スマホ導入から2週間。

RTM公式アプリの試用期間が本日で切れるので、無料の非公式アプリとの比較をレポートします。

ちなみにRTMとはRemember the Milk というToDoメモのサービスの事ですね。
世界中で使われている超有名なサービスなので日本でも使っている方は相当数いるはずです。
仕事・プライベートの両方で大活躍のタスク管理サービスです。

比較した3つのRTMアプリ

・RTM公式アプリ
・ListRoid
・RTM Tasks

RTM公式アプリは、RTMサイトでの Proアカウントの登録が必要になります。
Proアカウント料金は $25/年 です。

無料アカウントとProアカウントの違いは、スマホで公式アプリが使える、というだけ・・・
昨今のコンテンツ料としては決して安くない金額だと思います。

しかし日常スマホを活用している人は解るはずですが、スマホとスケジュール管理系サービスの親和性が尋常じゃないんです。。。
僕にとって、スマホ導入で一番使いたかったサービスは間違いなく”これ”なのです。

evoで起動もしないRTM Tasks

念願のスマホ&RTMのコンビなので、あらゆる連携アプリをつかってやろう! と思いインストールしたRTM Tasks。。
起動すらしませんでした。。。

正確には起動はするのですが、初回のアカウント連携画面でバグが出て強制終了。。
一度もメイン画面にたどり着かずに終了です(T_T)

15日の試用期間で公式アプリをチェック

公式は15日間だけ使う事ができます。

期限が過ぎると、ホーム画面のウィジェットは真っ白になりタップしても無反応。
アプリを起動すると「Proアカウントにアップグレードしましょう」と、たしなめられます・・・

とはいえ15日間あれば機能は充分試せますのでいじり倒してみました!

【良かったポイント】

・ウィジェットで指定したリストを表示できる
・タスクを複数選択できる
・新規タスク入力画面に表示される「日付」「優先順」等のアイコンでワンタッチで指定できる。
・オフラインで操作できる。(オンラインになった時に自動同期)

【悪いポイント】

・年額課金制

やはり公式アプリの本サイトと一貫したレイアウトは、使っていて安心感があり心地いいです。

オフライン時の挙動はしっかりテストしたわけではありませんが、恐らくオンライン時に自動同期されたと思います。
京急~都営やメトロ~東横、といった出たり入ったりの状況で使いましたが、接続状況を気にする事なく快適に操作できていました。

評価の高い無料RTMクライアント「ListRoid」

電波が切れたり入ったリ、の状況で困ったのが「ListRoid」です。

こちらは常にサーバーにアクセスしながら操作をするため、オフラインでは使えませんでした。
この点はGoogleリーダーの公式アプリも同様ですね。 常時同期のアプリは地下鉄では使えません。

【良かったポイント】

・なんといっても無料!
・ホーム画面に透過するインターフェイスがCool!!
・新規タスクの追加や、タスクの完了・編集なども可能

【悪いポイント】

・起動すると何故か常に「INBOX」。 INBOXって使ってる人いるの??
・ウィジェットがない。
・オフラインでは全く使えない。閲覧もできない。

どっちを使おうか??

僕にとってはウィジェット表示がどうしても必要だったので、現在はRTM公式の一択となっています。

が、ヘビーユーザー以外はListRoidでも充分活躍できると思います。
常にINBOXスタート、という点以外に、重大な欠点は無いのでは??

試用期間もありますので、いろいろ使い比べてみてください!

関連記事