【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

29Aug2011

IEでCSS3を使える用にするライブラリ CSS3 PIE

jQueryプラグインブック―「軽量」「高機能」 JavaScriptライブラリの導入と活用! (I・O BOOKS)
Prototype & script.aculo.us ―JavaScriptライブラリによるAjaxアプリケーション開発
JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からAjax・jQueryまで
マンガでわかるJavaScript
–PR–

誰かIEを褒めてあげる人いませんか?いませんよね・・ by"ty"

ブラウザ界の大問題児「Internet Explorer君」はCSSという外国語を全然理解してくれないアホな子。

という事は周知の事実だと思います。

IE君も頑張ってお勉強をして9歳でやっとCSS3を理解できる様になったとはいえ、

一般ユーザー(特にここ日本のユーザー)のシェアは半数以上がCSS3を理解できないIE6~8が占めています。

web制作をする側の人間から言うと、CSS3はめっちゃ便利!

便利なのに、(EUでは過去に訴訟問題にもなったほど不当な)IEの寡占状態によって使えない!! ※記事末尾で注釈します

そんなフラストレーションの溜まる現状が続いている制作現場ですが、とある事情でどうしてもCSS3を使う必要に迫られてしまいました。

tyの本職であるネットショップ「PetitCottage」の、ある一つのカテゴリをWordPressで作り替えようとしている時のお話。

良質な海外アーティストの有料デザインテーマを導入したのですが、これがなんとCSS3でコーディングされていました。

有料だけあって細部まで作りこまれている為、これをCSS2でコーディングし直すのは手間もかかるし無理も出てきます。

こうなったらIE用にだけ違うCSSを作るか? と思っていた最中、このライブラリの存在を知りました。

CSS3 PIE

開発元サイト http://css3pie.com/

これを使うと、CSS3で書かれたコードに数行追加するだけで、IEでも見た目を同じにできます!

作業の具体的な進め方は、以下のリンク先が参考になりました。

All About IE6~8でも一部のCSS3が使える!「CSS3 PIE」の使い方

↑ 基本的な部分はこのサイトの説明だけで足ります。記事もプロ意識を持ってしっかり書かれている為、まずはこちらを参考にしては?

たった一行を追加するだけでIE6/7/8をCSS3対応にする -CSS3 PIE

↑ こちらもオススメ

CSS3 PIE(PIE.htc)が上手く動作しない際の注意点

↑ 動作しなかった場合のトラブルシューティングに。。

tyの場合、設置・コード編集作業は5分ほどで出来ました。

しかし、実環境で動作確認した所、

一部の背景が指定の通りに表示されない
(no-repeat指定なのにrepeatされる)
(背景画像が指定の場所からスタートしない、ずれる)

Chrome版IEタブでは一切動作しない
(サブ機のChrome/IEタブでは正常動作・・??)

などなど、不安定な一面も。。

期待してたのにっ!! という泣き出したい気持ちの時は、この言葉を思い出してください。

ハナからCSS3が使えないあの地獄の現場から、CSS3 PIEは遙か天国に近い場所に一瞬で連れてきてくれたんだ・・・

細かいバグは自力でなんとかしましょう (笑

ちなみに先述のバグの大半は、自分のコーディングミスでした^^;

※EUでのMS訴訟問題

MicrosoftによるOSの事実上の独占状態が続く90年代前半からEUで指摘されている独占禁止法違反問題。
(2009年IEの訴訟に関しては)自由な競争が求められるブラウザを独占状態のOSにバンドルする事が独占禁止法に抵触している、というEUの指摘は「OSインストール時にブラウザを選択できる様にする」というMicrosoftの申し出をEUが受け入れる形で同年に和解した。

参考:[Wikipedia]マイクロソフトの欧州連合における競争法違反事件

関連記事