【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

27Sep2011

[analytics] 複数サブドメインの分析方法

analyticsでは複数のサブドメインを一つのプロファイルでトラッキングすることができます。

僕のサイトPetitCottageでも

本家サイト www.petitcottage.com
スタッフブログ blog.petitcottage.com
特集ページ magazine.petitcottage.com

このように1つのサイト内に3つのサブドメインを使っています。

複数ドメインを解析する時の問題点

サブドメインで分ける項目はない

サブドメインで分ける項目はない

当然PetitCottageでも3つのドメインを一つのanalyticsアカウントで管理しています。

サブドメインごとに異なるanalyticsアカウントを作成するのは効率が悪いですし、ドメインをまたがったトラフィックを追跡する事ができなくなってしまいます。

ただし大きな一つのサイトとはいえ解析をする際には、サブドメインごとに「販売」「ブログ」など目的が異なりますので別々に解析をする時もあります。

しかしどれだれ探してもanalyticsのメニューに「サブドメイン」で分ける項目は見つかりません。

そんな時は「アドバンス セグメント」の機能を使います。

アドバンスセグメントを新規作成する

まずはgoogle analyticsにログインします。
画像ではadwordsになっていますが、analyticsはadwordsの管理画面からもアクセスできるので便利です。

ほぼ全ページの右上に「アドバンスセグメント すべての訪問」という表示がでますので、そこを押します。
(インテリジェンスなどの一部ページでは上の表示が出ないようです。)

アドバンスセグメントの画面が展開されますので 「アドバンスセグメントの新規作成」を押します。

アドバンスセグメントの新規作成方法

ホスト名でフィルタをかけてサブドメイン用セグメントを作る

左にあるディメンションというリストの中から「コンテンツ」「ホスト名」を探します。
ホスト名を右側の「ディメンションまたは指標」という破線ボックスまでドラッグします。

値という空欄ボックスに、指定したいサブドメインを入力します。

例:
blog.petitcottage.com
www.petitcottage.com
など

条件には、今回の場合は「完全一致」「含む」などを選ぶと正常に動作すると思います。
極めていけば相当マニアックな設定も可能ですので、新たに好みのセグメントを作成する場合には「以上」「以下」「先頭一致」「正規表現」などの条件を駆使してみてください。

わかりやすい名前をつけたら「作成」を押して保存します。

アドバンスセグメントの作成方法

作成したカスタムセグメントを表示する

各ページの右上にある「アドバンスセグメント」を押します。(最初の操作と場所です。)
たった今作成したセグメントが表示されていますので、選択する事ができます。

アドバンスセグメントの作成方法

ちなみに・・・

analyticsの参考書籍ならこちらがオススメです。

立ち読みをさせて頂いただけですが、今まで見たanalytics本の中では”マニュアルとして”秀逸でした。

データ分析の基本的な考え方や筆者の自慢半分のケーススタディなどがダラダラ書いてある小説の様な本もありますが、こちらの本は操作方法やデータの意味説明が大半のまさに”マニュアル”です。
全データを使いこなせていない中級者、「仕事は何でも実践で覚えたほうが早い」と考える初級者の方にオススメさせて頂きます。

関連記事