【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

18Nov2011

パクチーたっぷり!タイ風エスニックドライカレー

近所のスーパーからパクチーが消えて半年が経ちます。。。

販売中止する以前からちっちゃな袋で299円というありえない高級食材になっていたので買う機会も少なかったわけですが、何も無くす事はないでしょう(つд⊂)エーン

なぜみんな目の敵にするんだ!?パクチーを!!

怒りついでにもう一つ。

なぜ「パクチー好き」と「パクチー嫌い」に分けようとするんだ!?

ちょっと間違えて公衆の面前でボソッと「パクチー食いたいな」と言ってみただけで、「あいつパクチー好きなんだぜ 笑」みたいな目で見られる。

どんなマイナー食材だって1年に1回くらい食いたくなるでしょ? 三つ葉と同じじゃん!!

そんなこんなで、パクチーたっぷり!ドライカレーです。

パクチーたっぷり エスニックドライカレー

パクチーたっぷり エスニックドライカレー


材料:

豚ひき肉
玉ねぎ
トマト缶

ヌックナム(ナンプラー)

ナス
パクチー

スパイス類

A) メイン
B) サブ
C) あったら入れる

A) カイエンペッパー
A) クミン
A) コリアンダー
A) 塩

B) ブラックペッパー
B) シナモン
B) カルダモン

c) その他スパイス(クローブ・フェネグリークなど)

準備:

玉ねぎはみじん切りにする。
ナスは一口大に。
パクチーも一口大に。

スパイス類の比率は A : B : C が 4 : 2 : 1 です。
塩はアバウトで。最後に味見して足したりしてください。(塩が足りないからと言って連動的に全てのスパイスを入れるのは面倒ですからね><)

C) その他のスパイス、はアジアっぽい名前のスパイスを適当に入れて大丈夫です!
それが日本食と違い混沌としたカレーの醍醐味だと思っています(∩´∀`)∩

言い訳ですが、研究してきちんと作ったカレーレシピも書いてます。
レシピ:基本のチキンカレー

作り方:

多めの油で玉ねぎを強火~中火でしっかり炒める。
焦げないように必死で混ぜながら15分ほどすると飴色になります。

炒めた玉ねぎを一旦お皿に写して、豚肉を中火で炒める。
表面に焼きいろがついたら、玉ねぎを鍋に戻す。

トマト缶とスパイスを全部入れて、ある程度汁が無くなるまで煮たら完成。

ナスをフライパンで焼く。

お皿にご飯+カレー+ナスを乗せたら、山ほどパクチーを乗せてヌックナムをたっぷりかけて頂く。

ポイント:

生野菜ならなんでも合うので、レタスやベビーリーフなどを乗せるとおいしいです。

スパイスを持っていないor面倒 な場合、カレーペーストを使うとよりタイ風になります。
(一般的にタイカレーでは生スパイスではなくペーストが使われます)

ココナッツミルクを入れると、よりタイ風になります。

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした