【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

6Jan2012

adsense ポリシー違反に注意

正月早々、adsenseポリシー違反のメッセージが・・

adsenseから警告が

2012年一発目のネタにふさわしくない気がしますが、Googleからadsenseに関する緊急のお知らせが届きました。

【 サイトの変更を 3 営業日以内に行ってください 】

だそうです。

内容を詳しく見てみると、どうやら

「広告をクリック」、「スポンサーをサポート」、「おすすめサイトにアクセス」などのフレーズや表現を記載することはできません。

という部分に引っかかっているようです。

このブログでは、各記事の下に「最後まで読んでくれたお礼」と「SNSボタンや興味のある広告を押してくれたら嬉しいです」という文章が書いてありました。

知らなかったとは言え、完全に違反していますのですぐに修正をしました。

ちなみに3営業日(googleの営業日??) 経過後も改善されない場合はアカウント停止も起こり得ます。

このメッセージを見過ごさない為にも、adsenseで小遣い程度稼いでいる人は毎日管理パネルにログインすることをオススメします。

余談:広告クリックを促す事の善悪について。

今回の件ではadsenseの規約違反という点はさておき、広告を勧める行為は人としてどうなの?という疑問、というかシコリが残りました。

ブログで専門知識を公開する対価として広告を設置する事。これに嫌悪感がある人がいると思います。
街中でいきなりティッシュやチラシを渡される事に対する嫌悪感と状況が似ていますが、サイト上の広告はクリックするか閲覧者が自由に決められます

また、ブログで専門知識を無料で公開する事と、街中で大道芸を無料で披露することは似ていると思います。

大道芸に驚き感動したら対価としてお金を払いますが、これは観覧者の良識と善意に支えられています。
ブログの場合、記事の内容に対する対価としてSNSボタンや広告を押して頂くという事はお金を払いませんのでほんの少しの善意だけでギブ&テイクが成り立ちます

まったく興味のない広告をクリックされると広告主は大迷惑ですので「なんでもいいから押すだけ押して」という姿勢が間違っている事は確かです。

スパム的観点からも読者に与える印象からも「記事が良かったらクリックして」という手法は非常にグレーですが、大半の良識あるブログ運営者はSNSボタンのカウントやadsenseのクリック数という小さな喜びを励みに頑張って記事を書き続けているのではないでしょうか??

関連記事