【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

14Feb2012

指定カテゴリの人気記事リストを任意の場所に表示

WP Social Bookmarking Lightのカスタマイズ
当サイトでは人気記事表示プラグイン「WordPress Popular Posts」を使用しています。

ちょっと変更したい点があり調べていたのですが、(調べ方が悪かったのか)メジャーなプラグインの割に日本語の情報があまりありませんでした。

このページで基本的な使い方をひと通り紹介してみますが、全て設定ページを翻訳しただけで特別高度な事はしていませんのであしからず(;・∀・)

1. WordPress Popular Posts のインストール

WordPress Popular Posts (以下、WPP)
ダウンロードはこちら

zipファイルをダウンロード後、管理パネルの

プラグイン – 新規追加 – アップロード

でファイルを選んでアップロード&有効化します。

2. サイドバーのウィジェットで表示する

WordPress Popular Post

2.1. 細かく設定できるのがポイント!

WPPを有効化すると、ウィジェット管理画面に設定タブが現れます。
(管理パネル – 外観 – ウィジェット)

※各項目は一度チェックをつけて「保存」を押すと、それぞれ詳細な設定項目が表示されます。
バグっぽい挙動なので、僕だけかもしれませんが・・

————————————

Title: 表示されるタイトル
Show up to: 表示する記事数
Time Range: 集計期間を「24時間/7日/30日/全期間」から選択
Sort Posts by: 並び順を「コメント数・全閲覧数・一日の平均閲覧数」から選択

————————————

include pages: 固定ページを含める
Shoten title output: 表示するタイトルの文字数上限
Display post excerpt: 指定した文字数で記事の抜粋を表示する
-keep text format and links: 抜粋内のリンクなどを有効にするか
Exclude categories: 指定のカテゴリーを除外する

————————————

Display post thumbnail: 指定のサイズでサムネイルを表示する

————————————

Display commentcount: コメント数を表示する
Display views: 閲覧数を表示する
Display author: 著者名を表示する
Display date: 指定したフォーマットで公開日を表示する

————————————

HTML Markup settings: HTMLに出力される際のタグを指定できます

2.2. 特定カテゴリーを除外する方法

特定カテゴリーを除外する場合「Exclude categories」の詳細項目「Categories to exclude」に除外するカテゴリーを入力します。

上図にもありますが、ここにはカテゴリー名ではなくカテゴリーIDを入力します。

IDってなんだ!? となる人は多いと思います 笑

・カテゴリーIDを簡単に調べる方法

「管理パネル – 投稿 – カテゴリー」 でカテゴリー編集画面を表示。
IDを知りたいカテゴリーに進み、そのページのURLを調べると書いてあります。

http://yourdomain.com/~~category&tag_ID=10~~~

3. ページ内の任意の場所に表示させる

【超注意事項】
※ソースコードにバグが生じるとWordPressの管理画面にログインできなくなる可能性があります。ブラウザからしかアクセスできない場合は「間違えて変更したら二度と直せない状況に陥る」可能性もあります。
WordPressのソースを変更する行為はFTPソフトでサーバー上のファイルを直接書き換えられる方しかやってはいけません。
ブラウザからしかアクセスできない初級者の方は「どうしても上下に表示したいんだ!!その為にはどんな犠牲でも払ってやる!!」という熱い思いが無い限りソースコードは変更しないでください

3.1. テンプレートタグの書き方

基本はこれ

パラメータを指定する場合はこうなります

上では「range=weekly(集計期間:7日)」と「limit=7(表示数:7)」という2つのパラメータを「&」で続けて指定しています。

3.2. 指定できるパラメータの一覧

パラメータの一覧はプラグインの設定ページで表示されるヘルプに説明があります。

「設定 – WordPress Popular Posts」で表示されるヘルプリスト一番下の項目
「What attributes does WordPress Popular Posts shortcode wpp have?」です。

需要が多そうな項目だけここで説明します。

order_by : 表示順(デフォルトは”コメント数”)
limit : 表示数
pages : ページを含めるか(デフォルトは”含める”)
cats_to_exclude : カテゴリーの除外
stats_comments : コメント数表示(デフォルトは”表示する”)

上の全てを駆使すると、以下のコードになります。

参考になりましたら、SNSボタンをポチッとおねがしますm(__)m

関連記事