【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

13Mar2012

徐々にHTML5への以降が進んでいると感じたお話。

昨日の記事「all in one SEOの効果的な使い方」を執筆中にふと気づいた事がありました。

「WordPress公式サイトって、IE無視してない??」

ここのところ技術関連のチュートリアル的な記事が続いて「真面目君かよっ!」と言われそうな危険な状態だったので、今日はちょっとハメを外して好きなことを書きます。

書きたいことをダラダラ書くだけですので、いつものチュートリアル記事を楽しみにしてくれている人には、ほんとすいません^^;

嫌われ者のビル・ゲIE君

IEとはInternet Explorerの事です。日本ではトップシェアを誇っているマイクロソフトのWEBブラウザです。
昔から世界中のWEB業界で「クソIEのせいで工数が激増だよ。」「What a f○○kin’ IE!?」と罵声を浴びせられ続けてきました。

世界中で使われているWEBサイトを正しく表示する為に、製作者とブラウザは共通のルールに則って製作する事が求められています。
W3Cというエライ人たちが定めたのが「WEB標準」。 このルールに従ってWEBサイトは作らています。

ちなみにW3Cのエライ人たちの中でも特に偉い人トップ3に、日本の慶応義塾大学がいます。
インターネットの成り立ちに興味がある人は是非調べてみて下さい。

NASAが作った軍事用のイントラネットがなんちゃら。。。CERNの技術がなんちゃら。。。
科学好きにはけっこうたまらないノンフィクション物語が楽しめますよ。

さっそく話がそれたのを戻すと、その”世界の決まりごと”をことごとく無視するのが「困ったちゃんIE」なのです。

どのくらい困ったちゃんなのかは、ネットで調べたらノイローゼになりそうなくらいたくさんの愚痴が出てきますので、ここでは割愛します。
もしネット上のIEに対する愚痴の全てを読んだら生後3ヶ月の希望に満ちあふれた赤ちゃんでも引きこもりになるであろう、圧倒的な負の感情です。

とにかく製作業界では「WEB標準でサイトを作り、更に困ったちゃんIE用に調整する。」という奴隷作業を強いられてきたわけです。
目を閉じれば「自分のミスじゃないのに、なんでバグ取りせなあかんねんっ!!」という現場の声が聞こえてきそうです。

あ、ちなみにスマホの世界にはIEが無いため、みんな笑顔で製作していますよ^^

WEBの世界は新しい時代を迎えつつある。のに・・・

誰もがインターネットを使う”ネット社会”となってから今日まで、WEB製作の決まりごとは(誤解を恐れずにざっくり言うと)ずーっと同じままでした。
インターネット初期に比べたらPCの性能なんて100倍じゃきかないくらい速くなったのに!WEB製作の決まりごとはずーっと同じままでした。

本格的なネット社会になってから10年はゆうに経過した今日この頃。ここ数年でやっとHTML5/CSS3という新しい技術が徐々に策定されて、使われ始めています。

さて、ここでも困ったちゃん現象が。

「先生。クラスのみんなはもうHTML5/CSS3に対応しているのに、IE君だけは対応してくれませーん!」

ほんと。。。困りましたね。

そんな困ったちゃんIEを親御さんも見かねたのか、マイクロソフトはやっとブラウザの自動更新機能をリリースしました。
今月(2012.3月)から、古いIEを使っている人は自動的にIE8、またはIE9にアップデートされます。

各バージョンの最新更新パックを使っていないと自動更新は適用されなかったり、OSがXP以前の場合はIE8への更新だったりと、問題は山積みですが、ひとまずはめでたしめでたし。

早速?なのか、大手サイトでもCSS3の記述が

冒頭の内容に戻りますが、昨日の記事を書く際にWordPress公式サイトでCSS3を使っている箇所を発見しました。
CSS3を使ったサイトは以前からちょくちょく見かけるのですが、大抵のサイトではIE用に別途CSSを用意しています。

ただこのWordPress公式サイトではIE用のCSSを容易していませんので、IE8以下で見た場合はその部分が表示されません。
CSS3部分のブラウザ間の表示の違い

目を引くのは、タイトルが表示されていない事ですね。

この部分は角丸ボックスだったり、背景の黒を透明化したりと、CSS3で指定されています。
また画像全体が内側にふわっとシャドーがかかっていますが、これもCSS3です。

IE8ではCSS3で指定されたデザインがことごとく無視されています。
困ったちゃん健在!!

そういえば当サイトもIE無視してた

当サイトもあちこちでCSS3を使っています。

PC版デザインでは、記事タイトルの文字にシャドーをつけたり、右メニューの個々のボックスにシャドーをつけたり。
シャドーは手軽に立体感を出せてデザインを引き締めてくれるので、重宝しています^^

今古いIEで見てる人。 あなた損してますよ。

最後に真面目な話をすると

せっかくの新しい技術。これを取り入れる事で作業の合理化はもちろん、デザインの質も向上します。
先のWordPressサイトの様に”機能に関与しないデザイン部分”でIEを無視するのは全然アリだと思います。

ただ日本ではなかなか「切り捨てる」という決断をする人がいません。

原因は2つ。

1つは、日本人が完璧主義な事。

IEも含めた全てのブラウザで同じ表示をさせたがります。
あと日本の制作会社がイエスマン。

2つめは、日本での古いIEの利用率が(ダントツ)世界一高い、ということ。

ちなみに海賊版至上主義の中国などでは、違法コピーされた古いソフトウェアがシェアを奪っていますが、正規版なのに古いソフトを使い続けるのは日本人だけ。

少しくらいは新しいもの好き”ミーハー文化”を見習ってもいいと思います。
特にPC関係は、新しいほど操作性も良く、セキュリティも改善しています。

HTML5/CSS3の完全普及はまだ先になるとしても、部分的に新しい技術を取り入れてみるという試行錯誤は、現在の過渡期において重要な選択肢の一つと言えるでしょう。

関連記事