【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

21Mar2012

[WordPress]twitterに自動投稿してくれるプラグイン twitter tools

WP Social Bookmarking Lightのカスタマイズ
ブログの更新をTwitterに自動投稿してくれるプラグインはWordTwitが鉄板だと思っています。

ただWordTwitは、すでにtweetした過去記事をtweetしたり、twitterの投稿をブログ記事にしたりする事ができません。

今回ご紹介する「Twitter Tools」は、WordPress×Twitter連携プラグインの全ての機能を網羅しています。

ただしtwitter側で手動でアプリケーション登録が必要ですので、手軽さを求める人はWordTwitをオススメします^^

1. ダウンロードとインストール

twitter_tools
こちらの公式サイトからダウンロードします。

[ 管理画面 – プラグイン – 新規追加 – アップロード ] でダウンロードしたzipファイルをアップロード&インストールします。

2. 初期設定 twitterとの連携

プラグインを有効化すると、プラグインページに以下のようなメッセージが表示されます。
twitter_tools1

Twitterと連動させないと使えませんので、初期設定を行いましょう!

まず以下の箇所をクリックしてtwitterのサイトへ移動。
このプラグインを”アプリケーション登録”します。
twitter_tools2

twitterにログインしていない場合はログインしましょう。

3. Twitterサイトでアプリケーション登録

twitterに移動すると以下のページが表示されます。

twitter_tools3

登録に必要な箇所だけ説明をします。

Name:Twitterと連携させるプラグイン名を入力します

Description:お好きな説明を10文字以上で入力してください

Web Site:WordPressサイトのURLを入力します

Callback URL: 未入力で問題ありません。

必要箇所を入力をしたら最後にCAPTCHAの”猛烈にわかりにくい文字列”を入力して、最下部の「Create your Twitter application」をクリックします。

4. 必要な情報をプラグイン設定欄に入力

twitter側で次に表示される画面には重要な情報が全て詰まっています。

一番下の「Create My Access Token」をクリックしてアクセストークンを表示させると以下のような画面になります。

twitter_tools4

以下の4つがプラグインの設定画面に入力する項目です。

Consumer Key

Consumer secret

Access token

Access token secret

※Access tokenが表示されていない場合は「Create My Access Token」のボタンを押してください。

プラグインの設定画面にこの4つを入力したら「Connect to Twitter」を押します。

5. Twitter Toolsの初期設定

無事にtwitterに連携できたら、以下の画面が表示されます。
twitter_tools5

重要な項目を説明します。

※ブログ更新時に自動tweetする機能のみご紹介します。ウィジェット表示機能やらtweetをブログにする機能やらありますが、僕自身試していないのでそこは知りません^^;

まずは一番上の「Enable option to create a tweet when you post in your blog?」

ブログ更新時にツイートする機能を使いますか? → 「Yes!!」

次に「Tweet prefix for new blog posts」

新しいブログ投稿をツイートする際の始めの文章は? → 「ブログ更新しました」

※上の文章のあとに「記事タイトル」「URL」が続きます

設定おしまい。

僕のツイッターは「ブログ更新しました」しか呟いていないため、当サイトのサイドバーに表示させても意味ありません。
また「ブログ更新しましたー」のツイートをブログに輸入したら意味わからなくなります 笑

なので他の機能は検証できませんでしたので悪しからず。。。

関連記事