【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

17Jun2012

[WordPress] マルチサイト機能のインストール手順

先日WordPressをマルチサイト化して運営している方からエラー復旧の依頼がありました。
実は僕はマルチサイト機能を使った事がないので「私はマルチサイト詳しくないですよぉ~」と弱音を言いながら一緒に解決していきました^^;

そんなWordPressに特別詳しい訳でもない僕ですが、幸か不幸か、制作関係のお仕事の9割がWordPress関連の依頼ですので、”この機会に”とマルチサイト機能についてお勉強してみました。
今回は”サブディレクトリ形式”のマルチサイト導入チュートリアルです。

公式の説明も合わせてどうぞ。
WordPress Codex : ネットワークの作成

1. はじめの一歩はwp-config.php

マルチサイト機能、公式的には”WordPressネットワーク機能”を有効にする為には、wp-config.phpに記述をします。
管理画面は必要最小限、カスタマイズはコアファイルに一行加えるだけ。さすがの設計です。

WordPressをインストールしたトップディレクトリにある[wp-config.php]を開き、下記の行を加えます。

define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

/*編集が必要なのはここまでです!~~
↑の記述よりも上に書く必要があります。

WordPressネットワークの有効化

例では他の設定の一番下に追記しましたが、もっと上でも問題ありません。
ご自由に。。

2. 管理画面にインストールメニューが登場!

ブラウザからWordPress管理画面にログインします。

サイドバーの[ツール]の中に[ネットワークの設定]というメニューが加えられていますので、迷わず進みましょう。

管理画面にネットワークの設定メニューが登場

マルチサイト機能をインストールするには、プラグインを全て停止する必要があります。

プラグインの停止を促す画面

プラグインを全て停止してから同メニューに戻ると、ネットワークの作成画面が表示されます。
(下の画像はサブドメインを使用していないサイトでのインストール例です。※注1:下記説明を参照)

WordPressネットワークの作成画面

サイト名もメールアドレスも後から変更できるはずですので、深く考えずに進みましょう!

「インストール」を押すと完了! ではなく、最後のステップの説明が表示されます。

※注1  WordPressネットワークでは

・サブドメイン形式
http://one.test.com/ 
http://two.test.com/ 

・サブディレクトリ形式
http://test.com/one/ 
http://test.com/two/ 

の2種類の運営形式をサポートしています。

※今回はサブドメインを持たないURL構造でテストした為、自動的にサブディレクトリ形式でネットワークを作成する画面になりました。
もしお使いの環境がサブドメイン形式(http://サブドメイン.example.com/)の場合は、サブドメイン形式のセットアップが選択できます。

この記事ではサブドメイン形式の説明はしませんので、ご注意ください。

3. 最後の3ステップ

前項でインストールを押した続きです。

インストールを押すと、以下の画面が表示されます。

WordPressネットワークを作成 最後の3ステップ

インストール終了までの3つのステップが書かれていますので、順を追って作業を進めましょう。

※URLの箇所やコピペ元の欄はお使いの環境により変わります。この画像は僕がインストールした際の例ですので、これをコピペしてもお使いの環境では動きません!ご注意ください。

3.1. /wp-content/に新規フォルダを作成

1. http://test.com/wp-content/blogs.dir となるよう blogs.dir ディレクトリを作成してください。このディレクトリは追加サイトにアップロードしたメディアファイルを保存するために使われるため、サーバーが書き込み可能である必要があります。

説明の通りですね。
wp-contentフォルダ内にblogs.dirフォルダを新規作成します。

マルチサイトインストール手順その1

3.2. wp-config.phpに追記

2. http://test.com/ にある wp-config.php ファイルの、/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */ という行より上に以下のコードを追加してください。

一番最初に変更したファイル[wp-config.php]をもう一度開き、さきほど追記した行の下に続けて新たな設定を追記します。

マルチサイトインストール手順 その2

※ドメイン名(“localhost”の箇所)などはお使いの環境により変わります。

3.3. .htaccessを書き換える

3. http://test.com/ の .htaccess ファイルに次を追加し、ほかの WordPress のルールを置き換えてください。

少し説明がややこしいですが、すでにhtaccessにWordPressの設定がある場合はそちらを削除する必要があります。追記ではありませんので、注意してください!

マルチサイトインストール手順 その3

※ディレクトリ名(“test_wp”の箇所)などはお使いの環境により変わります。

4. 生まれ変わったWordPressを確認

.htaccessファイルを書き換えると再ログインが必要になります。

再ログインをするとWordPressが生まれ変わっていますので、上部メニューを確認してください!

ネットワーク機能のメニューを確認

4.1. 何が変わったの??

まだ全然使っていないので不確かですが、いくつかの機能はブログ管理画面からネットワーク管理者のダッシュボートに移動したようです。

・プラグインのインストール
・テーマのインストール
・ネットワーク全体で使用するプラグインの設定

もう少し使いこなしてから追記したいと思います。

4.2. Ping送信設定画面がどこにも見当たらないですが・・・?

マルチサイト機能を有効にすると、Ping送信設定が無効になるみたいです。
バグっぽい挙動ですので、今後のアップデートで改善される可能性があります。

現状では以下のプラグインを導入すると、Ping送信設定が有効になります。

Activate Update Services

このプラグインをインストールすると、本来の設定画面[設定 – 投稿設定]にPing送信設定欄が表示されます。

関連記事