【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

19Jul2012

iPadでブログを書く方法を模索する

「仕事で使うんだ!」と周囲と自分自身を説得して導入したiPad。

実際使ってみると、windows系サーバーとの相性が悪かったり、日本語入力が想像を絶するほど使い物にならなかったり、と。「日常業務でバリバリ使う」というイメージとは程遠い状況に・・・

ラップトップに比べてiPadの最大のメリットは「軽い&常時起動」の2点。
オフィスでは貧弱でも外出時には最強の便利デバイスになります。

ブログはなるべく外で書きたいと思っている僕にとって、iPadに期待する最大の仕事は「ブログ執筆ツール」になってもらうこと。

いろいろ試行錯誤した結果、遂に3年前から愛用していたネットブックを駆逐する事に成功しました。
(ネットブックは外出時にブログ書く以外の用途が無いから、性能的にはまだ現役だけと残念ながら退役してもらいます。。)

今回はty流iPadブログ執筆術を公開します。

1. デフォルトの日本語入力には何も期待しない

iOSを使っている人は全員気づいているでしょうが、iOSの日本語入力は使い物になりません。

短文でもイライラするのに、リズムに乗って書く長文ではイライラを大きく通り越してムラムラします。

はっきり言って今後のアップデートにも一切期待していませんので、日本語入力専用のアプリを購入する事にしました。

ATOK Pad for iOS
ATOK Pad for iOS

大昔から定番の日本語入力システムです。Androidでも愛用中で慣れているため、こちらを導入しました。
iOSは入力システムの入れ替えを許可していないので、残念ながらATOKの日本語入力を使用できるのはATOK Padのアプリ内のみです。
それでどうすんの?というと、それをコピーして他のアプリでペーストして使います。。。
ほんと意味不明。。。

これで入力スピードが1.5倍から2倍にはなりました。

「HON」と打ち込んで「本」と変換できるだけで感動するって、どう言うこと??
(iOS では「ほn」になります。。「HONN」とNを連続させないとダメ。)

2. 「ブログ執筆」を分業化する

当サイトはWordPressで運営しています。

ブラウザから記事を書こうとするとATOKが使えない為、大前提として「ATOKで下書きを執筆→WordPressで整形して投稿」という流れになります。

WordPressの投稿画面は大画面のメインPC用にカスタマイズされているため、iPadでは本文部分が狭くて使いにくいです。
iPad用のWordPressアプリ(無料)が用意されていますが、使い勝手はそこまで宜しくありません。常時ログインというメリットがあるため、ブラウザよりは使いやすいです。

また、当サイトはweb制作ネタが多いため、挿入する資料(図)の制作が必要になります。
そういった作業はiPadでは行えませんので、web制作用のメインPCで用意します。

こういった理由から、以下のような分業体制が一番効率的だと判断しました。

1. iPadのATOKで本文を作成
2. WordPress アプリで新規記事にペースト。下書きとして保存
3. PCで図を作成して挿入。タイトルや行間などを整形して公開

iPad のインターフェイスに最適化されたブログ執筆アプリがありますので、僕のように図の制作が不要な場合はiPad単体で投稿までをストレスなく行えます。

特にiPadで撮った写真をアップしたい場合などはわざわざPCを経由するよりも効率的ですので、ブログの内容によってはiPadのブログ執筆アプリ導入を検討したほうが良いでしょう。

関連記事