【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

28Aug2012

コメントシステムにDISQUSを導入しました ※9/14追記

コメント共有・管理システムDISQUS

当サイトのコメントシステムにDISQUSというサービスを導入したので、その手順やメリットなどを説明したいと思います。

DISQUSとは??

DISQUSの公式サイトはこちらです。

公式サイトが日本語表示に対応していないので、wikipediaもどうぞ。
Disqus – wikipedia日本語版

簡単に言うと【コメント欄作成・管理サービス】です。

ブログ運営者はコメント欄をDISQUSで作成・管理することができ、
ユーザーはDISQUSシステムを用いている複数ブログのコメントを一括管理することができます。

まとめると、DISQUSには以下のような特徴があります。

運営側
・高機能なコメント欄の作成が簡単にできる
・WordPressで蓄積したコメントをDISQUSに引き継げる。
・DISQUSで書き込まれたコメントは常にWordPressコメント機能と同期される。(DISQUSを止めてもコメントは引き継げる)
・コメント欄はJavaScriptでDISQUSから引っ張ってくるので、遅い。
・コメント欄表示がIE8に対応していない。(2012.8検証時)※最下部に9/14追記あり
・スパムフィルタ機能/ホワイト&ブラックリスト機能

ユーザー側
・コメントの認証にTwitter/Facebookなどが使える。
・コメントへの返信があった時にメールでお知らせが来る。
・画像や動画付きのコメント可能
・ページやコメントに対するLike!ボタン

僕もまだ導入しただけの段階なので、詳しい事はこれから勉強していきます^^;

WordPressにDISQUSを導入する

1. アカウントを登録する

まずは公式サイトでアカウントを作成しましょう。

※コメントの際にはTwitter/Facebookなどでログインできます(DISQUSアカウント不要です)が、運営者側はDISQUSのアカウント登録が必須です。

DISQUS – http://disqus.com/

右上の”Sign Up Free”からアカウント作成に進むと下の画面になります。

DISQUSアカウント作成方法

Site URL : コメント欄を設置するサイトのURL
Site Name : サイト名
Site Shortname : 管理画面のURLに使われたりするだけなので深く考えずに。。

Usename : 管理者の名前
Password : ログイン用パスワード
Email Address : 管理者のメールアドレス

Shortnameが混乱すると思いますが、管理画面のURL(http://○○.disqus.com/)に使われたりするだけなので、あまり深く考えないで大丈夫です。
ただし作成後は変更ができなかったはずですので、注意してください。

2. WordPressプラグインのインストール

WordPressでDISQUSを使う一番簡単な方法はプラグインをインストールする事です。

Disqus Comment System

上記プラグインをインストールすると、左メニュー [ コメント – Disqus ] からDISQUSの管理が可能になります。

3. 今までWordPressに保存されたコメントをDISQUSにエクスポート

すでに運営を開始しているWordPressにDISQUSを導入する場合、今まで受け付けたコメントをDISQUSにエクスポートをする必要があります。

[ コメント – DISQUS ] で管理画面に進み、右上の [Advanced Options] に進みます。

[ Import / Export ] の欄から Export Comments をクリックします。

WordPressのコメントをDISQUSにエクスポート

4. DISQUS導入の問題点

一見簡単そうですが、実際にコメントを導入するには多くの問題がありました。

1. Export Comments のボタンが機能しない。

前項で紹介したエクスポートボタンですが、押してみても途中で止まってしまいます。
「何回かやり直したら上手くいく」という情報もあったのですが、僕は何回やってもダメでした。

2. 手動でコメントデータをエクスポート&DISQUSでインポートすると、インポート完了まで24時間以上かかる

WordPressの[ ツール – エクスポート – すべてのコンテンツをエクスポート ] で保存したデータを、DISQUSの管理画面から手動でインポートしてみました。
待てど暮らせどコメントがインポートされません。。。

進行状況がどうなっているのか確認できないか調べたところ、こんなページを見つけました。
http://import.disqus.com/

上記リンク先では、データインポート作業の進行状況が確認できます。
(このページの存在がDISQUSのサイトでは紹介されておらず、英語圏の外部サイトでを知った事も「??」ですが……)

確認してみると恐ろしい光景が・・・笑
import状況の確認ページ

今まで「おかしいなぁ~??」と言いながら何回もトライした全てのインポート待ちデータが生きています 笑

しかもプラグイン経由でインポートした物は、すべてコメント数0の空データ。。。
手動でインポートした物も、回ごとにコメント数が異なっています。。。。。

もう意味不明です><

とにかく、最初のインポートから3日待つと全て(?)のコメントはインポートできました。めでたし!

今日一番伝えたかったことは、

・DISQUSのコメントインポートは24時間待たされます
・インポート状況は http://import.disqus.com/ で確認できます。

この2点。
他の方も言っていますが、サービス自体は最高なのにコメントのインポート関連が本当に面倒なのがDISQUSです。

※9/14追記 最新デザインでは旧ブラウザ&日本語表示非対応

DISCUSは日本語表示に対応しているのもポイントとなり導入したわけですが、設定欄で使用言語を「日本語」にして1週間待っても日本語表示になりません。。

調べてみると、2012年にリリースされた最新デザインはまだ日本語表示に対応していないとのこと。

2012年9月現在、DISCUSを日本語で使用したい場合は、旧デザインのバージョンを使用する事になります。

設定は [コメント-DISQUS-setting-general] のページの一番上にあります。

DISCUSで日本語表示を利用する

DISQUS 2012 を使用しない、とやれば自動的に旧バージョンになります。

同じページのLanguage欄でJapaneseを選択すれば、日本語表示になります。

この作業をしていて、ふと気がついた事があります。

「旧バージョンなら旧ブラウザでも表示できるんじゃない??」

新バージョンはモダンブラウザのみ対応だったのでIE8以下のブラウザでは表示されなかったのです。。

確認してみた所、みごとにIE8でも表示できました。

英語が苦手&旧ブラウザ率が世界一高い日本国内では、DISQUSは旧バージョンで使うのが主流になりそうです。

関連記事