【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

8Jan2013

[WordPress] ユーザーIDパスワードを変更する方法

新年一発目はおせち料理レシピを書こうと思っていたのですが、寝正月を過ごしていたらこんな時期になってしまいました・・・

今更”おせち”も無いので、2013年も平常運転でWordPressに関する記事を書きます^^;

1, ユーザーIDの変更方法

ユーザーIDとは、WordPressの管理画面にログインする時に必要な情報です。

WordPressサイトの作成時に初期ユーザーの登録をするのですが、
「後から変えればいいや~」と考えてuserとかadminとか適当に設定する人も多いと思います。

ちょっと待った!!

実はWordPressはユーザーIDを後から変更できない仕様なので、最初からよく考えてIDを設定する必要があります。

※パスワードは後から変更できます。

2, どうしてもユーザーIDを変更したい!

とは言え、どうしてもIDを変更したい時がありますよね。

そういう場合は

1, 新規ユーザーを追加する ←本番用の良く考えたIDで作る
2, 旧ユーザーで作成した記事の管理権限を新規ユーザーに移行する
3, 旧ユーザーを完全削除する

このような苦肉の3ステップで解決します。

3, ユーザー移行の方法

[ 管理パネル – ユーザー – 新規追加 ] で新規ユーザーを作成します。

作成の際、権限を【管理者】にするのをお忘れなく!
管理者にするのは、管理ユーザーを移行する場合のみです。
第三者にログインIDを発行する場合は、管理者権限にはしないでください。

管理者権限にするのを忘れずに

管理者権限にするのを忘れずに

※メールアドレスが同一のユーザーは作成できませんので、
同じアドレスでユーザーを作り直したい場合は一旦別のアドレスで作成して旧ユーザー削除後に変更します。

ユーザーを作成したら、ユーザー一覧で確認しましょう。

作成した新規ユーザーを確認します

今後は新規ユーザーとしてログインするので、この旧ユーザーとはお別れになります。

別れを惜しみつつ、最後のログアウトを行います。

ログアウトします

新しいユーザーIDでログインしましょう。

新規ユーザーとしてログイン

ユーザー一覧の画面に進み、旧ユーザーを削除&投稿管理者の移行をします。

ユーザーを削除します

緊張と多少の恐怖を感じつつ【削除】を押します。

削除中ユーザーの投稿をどうするのか? と聞かれます。

「すべての投稿を以下のユーザーにアサイン」を選び、新規ユーザーに移行します。

投稿の移行

これで過去の記事は全て新規ユーザーに引き継がれます。
もう一つの選択肢「すべての投稿を削除する」を実行したことは無いのですが、文字の通りで全ての投稿が削除されるのでしょう。。。間違えて押さないように気をつけて下さい。

削除を実行すると、自動的にユーザー一覧画面に戻ります。
旧ユーザーが削除され、投稿が新ユーザーに引き継がれた事を確認してください。

新規ユーザーに引き継がれた事を確認しましょう

旧ユーザーが使っていたメールアドレスに変更したので、アバターも今まで通りです。

→WordPressのアバター登録について

これでユーザーIDの変更は終了です。
お疲れ様でした。

関連記事