【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

3Oct2013

大容量HDDからSSDへの引越しメモ

大容量HDDからSSDへのお引越し

2013年も残すところ3ヶ月になりました。
季節感のない話題で恐縮ですが、パソコンパーツの中でも不動の人気を誇るSSDも、このところだいぶ定着してきた感があります。

さて、先日メインの仕事用で使っているPCの起動ドライブをHDDからSSDに換装したので、今回はその手順を少しメモ書きしていきます。

【注意】
起動ディスクの交換は、起動できない、などの深刻なエラーを招く危険性があります。
作業を始める前に必ず、HDDのバックアップなど、必要な準備をしておきましょう。
万が一エラーが起きた場合でも誰も助けてくれませんので、十分に下調べをして必要な知識をつけてからチャレンジしましょう。
(個人的にはパソコンの自作は帆船模型を組み立てるのに比べたらはるかに簡単なのですが、やはり無責任にお勧めはできません。)

前回(2012年)SSD換装した時のお話

メインPCは今回が初のSSD化ですが、1年ほど前に他のPCをSSD化した経験があります。
まずはその手順を思い出します。

「前回の経緯なんかどうでもいいよ」という無愛想な方は、どうぞお先にお進みください(´・ω・`)

1.120GBのSSDを購入
2.交換するPCの起動ドライブ(1TB)の使用中容量を120GB以下にする
3.HDDの中身をEaseus To Do Backupを使い、SSDにコピーする

Intel 製SSDを購入すると「Intel Data Migration Software」というデータ引っ越しツールが付属します(フリーソフトとして公開されています)。
ちなみに僕はHDDやパーティション管理関係には「Easeus」シリーズを愛用しているので、Intelのソフトは使わずに「Easeus ToDo Backup Free」 というフリーソフトを利用してデータ移行を行います。

大容量HDDから容量の小さなSSDにデータ移行するうえでネックなのが「HDDの使用中容量をSSD以下にする」という点です。
HDD自体は1TBでも2TBでも構いませんが、”使用中データ量”が移行先のSSD(このケースでは120GB)以下にする必要があります。

といってもデータをいきなり削除するわけにはいかないため、一時的に他のHDDにデータをコピーしてから削除する必要があります。
当然、コピー用のHDDを購入する必要もあり、かなり時間と手間と費用のかかる作業でした。

前回の手順を詳しく書くとこのようになります。

【SSD換装 2012年版】

必要なもの:
使用中HDD(1)[2TB / C:100GB / その他:1.9TB]
使用中HDD(1)の中身を一時避難させるための空のHDD(2)[2TB]
新設するSSD[120GB]
Easeus ToDo Backup Free

手順:
1. Easeus ToDo Backupを使い、HDD(1)を空のHDD(2)にクローン
2.HDD(1)のCドライブ以外を削除(HDD1の全容量をSSD[120GB]以下にする)
3.Easeus ToDo Backupを使い、HDD(1)のデータをまるごとSSDにクローン
4.HDD(1)をPCから外す。SSDとHDD(2)という構成にして起動する
5.無事にSSDから起動成功。Cドライブ=SSD、その他=HDD(2)という構成になる。

今回発見した”2013年版”SSD換装の手順

前回の手順をふまえて、今回も引っ越しするHDD(2TB)をまるごとバックアップできる2TBのHDDを購入。
もちろんSSD(180GB)も購入しました。

前回と同様に、一度HDDをまるごとコピーしてしまい、Cドライブの容量を180GB以下まで削除する、という予定です。

Easeus ToDo backupを使い、使用中HDDを新品HDDにクローンしようとしたら事件が。。。

パーティション単位でクローンできるようになっとる!!

hddtossd2

前回は気づかなかったのか? 最近追加された機能なのか? 謎です。
さて、前置きが異常に長くなりましたが、これまでの経緯をふまえて最新版SSDへの引っ越し方法です。

大容量HDDからSSDへの引っ越し2013年版

環境:

使用中のHDD(2TB)の中身(パーティション分け)
C:100GB
D:150GB
E:残り全部(約1.6TB)

必要なもの:

SSD 180GB
Windowsインストールディスク
Easeus ToDo backup Free
Easeus Partition Master Free

手順1.Easeus ToDo backupを使い、元HDDの「システムで予約済み」パーティションをSSDにクローン
手順2.同じく、元HDDのCドライブ(100GB)をSSDにクローン
手順3.WindowsのインストールディスクをPCにセットしてシャットダウン
手順4.一旦、HDDをPCから外してSSDだけの状態にする
手順5.インストールディスクからPCを起動する
手順6.「Windowsの修復」が始まるのでしばらく待つ
手順7.修復後はSSDから起動できるようになっているので、インストールディスクを取り出して再起動
手順8.SSDから起動できることを確認後、もう一度PCをシャットダウン。HDDをつなげて起動時にBIOSから起動ディスクをSSDに変更する。
手順9.Easeus Partition Masterを使い、HDD内の「システムで予約済み」と「元Cドライブ」のパーティションを削除する

ポイントは

・「システムで予約済み」と「Cドライブ」の2つをSSDにクローンする
・インストールディスクを使い、SSDを起動ドライブとして機能するように修復する

という点です。

めんどうなのでSSDへの換装は初心者にはあまりオススメしないため、あえて画像つきの丁寧な解説はしません。
意地悪な言い方になりますが、「フリーソフトの使い方がわかんない」「Windowsインストールディスクってなに?」 というレベルの方は、SSD換装に手を出さないようにしてください。

もちろん、コメント欄で質問を頂きましたら、分かる範囲でお答えします^^

関連記事