【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

5Dec2016

【Google Analytics】リファラースパムにフィルタ適用して除外する方法

リファラースパムを除外する方法

Webディレクターという職業は毎日アクセス解析をしていそうなイメージを持たれますが、筆者に限っては月に1回~2回しかアクセスログを分析することはありません。しかし管理しているサイトが複数あるので、1回の分析に数時間はかかるのですが^^;

月に1~2回しかログをチェックしないと、クライアントのほうが日々のセッション推移に素早く気づくことも多く「○月○日にセッション数が異常に増えていますが何が起こっているんですか?」と質問されることがあります。そこで慌ててアナリティクスをつけて、リファラスパムにフィルターをかけるわけです。

リファラスパムとは、サイトに大量のアクセスを仕掛け、異常セッションに気づいたWeb管理者を「どこかの有名サイトに紹介されたかな?」と喜ばせておいて、詐欺サイトに誘導させる手口です。セッションは増えていないわ、詐欺サイトを開いてウィルスに感染するわ、有効なアクセスだけを検出するのが面倒だわ、まさに三重苦です 笑 (笑い事ではないですね。。)

先日、筆者の管理しているサイトの大半に爆発的なアクセス(もちろんリファラースパム)があったため、対応策をご紹介します。

この記事を読む

2Dec2016

【自家焙煎珈琲】フレンチプレスを使った美味しいコーヒーの淹れ方

珈琲生豆のストックが切れそうなので買い足しましたー。
ちょうどテレビでフレンチプレスの美味しい珈琲が紹介されていたので、久しぶりにフレンチプレスで淹れてみました^^
フレンチプレスって淹れるのは簡単だけど、後処理が面倒なので敬遠しちゃうんですよね 笑

僕は10年ほど前からコーヒーを自家焙煎しているのに、このサイトを見返すとなんとコーヒーネタが一本もない!!
自己流ではありますが、フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方をご紹介します。

自宅で珈琲を焙煎する!

焙煎器具について

いきなりハードルが高くなってしまいますが、やはりコーヒーは自分でこまめに焙煎するのが1番です! ペーパードリップで淹れるとき、コーヒー粉を「ふわーっ」と膨れさせて頂上から「ポンッ」と空気が漏れる光景は、外で焙煎豆をまとめ買いしてしまうとめったに味わえません。ただ、焙煎から自分でするのは手間がかかり実用性が下がるため、誰にでもお勧めできないことも事実です^^;

家庭用の焙煎器具は「手網」が一般的です。というか僕が焙煎を始めた頃は、手網以外の選択肢がありませんでしたので、僕も手網から焙煎の道に入りました。珈琲焙煎に使う手網は3000円程度から入手できますが、一度に焙煎出来る量が50g~150g程度と非常に少ないです。一回の抽出に15g使うとして、多くても10回しか淹れられません。我が家は僕よりも妻のほうが頻繁にコーヒーを飲むので、頑張って焙煎しても自分で飲めるのは2杯~3杯です。焙煎に20~30分かけて飲めるのは数杯ですので、先ほど言ったように自家焙煎は「実用性が低い」と思うわけです。

この記事を読む

30Nov2016

WordPressテーマ「Photo Diary Theme」導入マニュアル

当サイトで配布しているWordPressテーマ「Photo Diary Theme」の使用方法を解説します。

Photo Diaryは筆者がWeb制作の際に使用するデザインテンプレートのひとつで、そちらをベースにしてWordPressテーマ化したものが「Photo Diary Theme」となります。
デザインテーマPhoto Diaryについては下記ページをご確認ください。

デザインテーマPhoto Diaryを使ったWeb制作プランについて

デザインテーマPhoto Diaryを使った制作プランについて

上記ページ内でWordPressテーマを配布しています。
このページでは配布版テーマ「Photo Diary Theme」の使い方について解説します。

この記事を読む

29Nov2016

【WordPress】ダウンロードしたzip形式のテーマをインストールする

WordPressテーマの種類とは?

WordPressのテーマは大きく以下の3つに分類されます。

  1. デフォルトテーマ
  2. 公式テーマ
  3. 外部テーマ

「デフォルトテーマ」はWordPress運営チームが開発したテーマで、Twenty Fifteen、Twenty Fourteenなど、WordPressインストール時点で使用できる状態になっているテーマです。

この記事を読む