【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

2Dec2009

シチュー嫌いが作るクリームシチュー

 
僕はシチューが嫌い。
 
といっても、食べれない訳ではないので
「好きではない」
という程度ですね。
 
 
食卓に出てきたら、もちろん最後までおいしく頂くけど、わざわざ自分で作るほどではないと思っている。
 
 
我が家で出てくるシチューは、市販のルーを使わない、という点以外は、一般的な家庭のシチューと同じ。
そんな我が家のシチューも僕は嫌い。
 
つまり、ほとんどの家庭で食べられているシチュー全般が嫌い、という事になるのだ。
 
 
しかし、このまま引き下がっては料理を趣味と公言している自分にふさわしくないと思い、嫌いな理由を考えてみた所、以下の2点がポイントとなっているようです。
 
 
1. 野菜とスープのばらばら感。
2. スープのコクの少なさ。
 
 
さて。 この点を解消しつつ、おいしいシチューを作ってみようかな。
 
 
 

というイキサツで1時間ほどキッチンに立ってみたらなかなかおいしいシチューが出来たので、さっそくレシピを記録します ;-)
 
 
 
 
 
 
 
【シチュー嫌いが作るクリームシチュー】
 

シチュー嫌いが作るクリームシチュー

シチュー嫌いが作るクリームシチュー


 
 
材料

[スープ]
キャベツ・ブロッコリーの外側の葉っぱ
じゃがいも
少しの玉ねぎ(今回は小サイズ1個。)

 
[クリームソース] 
小麦粉
バター
牛乳

[具] 
にんじん
キャベツ
ブロッコリー
ほうれんそう
まいたけ 
鶏ムネ肉
 
 

 
 

☆☆作り方☆☆

 
 
鍋に水をいれ、キャベツ・ブロッコリーの捨てる部分を入れて出汁を取る。
 
 
 
 

その間に具を切る。

にんじんは「野菜とスープのバラバラ感」を無くすために、小さくサイコロ切りにする。

キャベツも適当な大きさに。
 
ブロッコリーはスープが絡むので、そのままで大丈夫。

ほうれん草は今回、茹でた後に結んでみたが、めんどうだったので次回からはやらないと思う(笑

まいたけは手でちぎればOK。ソテーして最後に載せる。
 
鶏肉も小さめにカット。白ワインと塩少々で揉んでおく。
 

 
 
 
 
沸騰したら出汁をとった野菜を捨てる。
 
塩を少なめに入れ「にんじん・キャベツ・ブロッコリー・ほうれん草」を順々に茹でていく。
 
(キャベツは下湯での必要はなさそうだが、スープに旨みを加える為あえて下湯でする。)
 
茹で上がったらザルに上げ放置。(これだと冷めちゃうので次回からはもうちょっと手順を考えたほうがいいかな。。。)
 

 
 
 
 
次はじゃがいも&タマネギを茹でる。切り方はなんでもいい。  なぜなら・・・・↓
 
茹で上がったジャガイモ・タマネギをミキサーでポタージュにする。
 
これで「スープのコクの少なさ」を解消しようという試み。

 
 
 
 

このポタージュの塩味を整えて味見してみると、、、、、
 
 
 

うまいっっっっ!!
 
 

 
ふぅ。よかった。
 
では安心した所で、クリームソースを作りましょう。
  

 
 
 
パンにバターを溶かし、小麦粉を入れてまぜまぜ。まぜまぜ。
 
牛乳を少しづつ足しながら、まぜまぜ。まぜまぜ。

はい、出来上がり。
 
 
 
 
 
それを先ほどのじゃがいものポタージュに混ぜていくと。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うまいっっっっっっっっ!!!!!
 
 
 
 
問題だった「スープのコクの少なさ」は完全に克服している。
 
肉の旨みをまだ入れていないのに、コンソメを入れる必要が全く無い!
 
有機野菜のチカラかな :shock:
 
 
 

 
 
 
 
ここでやっと、冷えきってしまった具を合流。
 
あたためている間に、まいたけをソテー。
 
 
 
 
 
そして白ワインでつけてあった鶏肉をそのままパンへ投入。
 
フタをして蒸し煮にする。
 
肉が固くなる前に火からあげ、シチューと合流。
 
数回混ぜたらシチューの火も消します。 
 
 
 
 
 
 
ここまですでに1時間が経過。
 
やっと食べる準備にかかります。
 
 
 
買ってきたバゲットを切り、写真の見栄えを考えワインも注ぎ、
お皿にシチューを盛り付け、まいたけをチョコンと乗せ、粉チーズをふりかけて、ついに
 
完成!
 
 
 
 
小さめに切ったにんじん、ミキサーにかけてしまったじゃがいものおかげで、
「野菜とスープのバラバラ感」も見事克服していました。
 
 
 
 
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
・じゃがいも・タマネギをミキサーにかける。
 
堅苦しい事を言うと
「シチュー風ポタージュだろっっ!!」
というツッコミが出てきてしまいますが、断然おいしくなります。
 
お試しあれ。
 
 
 

 
・具は小さめに切り、塩茹でし、最後にシチュースープと合流。
 
シチューやカレーが美味しくできない理由の1つに、
「野菜に味が付いていない事」
が挙げられます。
 
塩をいれない段階で茹でてしまったり、トロトロ状のスープで生の野菜を茹でてしまった場合は、野菜に塩味が染み込まず「おいしいスープ&まずい野菜」に。。
 
 
最後に合流、というのは、途中でクリームソースを混ぜる時に邪魔だから。
 
 

 
 
・野菜は全て1つのスープで茹でる。 
 
当たり前ですが、別の鍋で湯でたら旨みも栄養も全部捨てる事になります。
 
クサミやアクを取る目的以外では、”別湯で”は厳禁。
 
「農薬を取る為に下湯でします」という方。
 
下湯でが必要なほど危険な野菜は使うな!! 死んじゃうぞ!!
 
理由はわかりませんが、自然な栽培方法の野菜は、なにより美味しいです。 
 
 
 
 

30Nov2009

那須 御用邸チーズケーキ

那須旅行に行っていた父がお土産を持ってきてくれた。

那須 御用邸チーズケーキ

那須 御用邸チーズケーキ


 
 
 
 

御用邸チーズケーキ。
 
僕は知らなかったけど、那須土産としてかなり有名らしい。
 
父も
 
「僕以外のお客さん、みんな6個とか買ってたよ。」
 
と言っていた。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

さっそくコーヒーを煎れて食べてみよう。
 
ちなみに今日のコーヒーは
 
キリマンジャロAA : 4
ブラジル ニュークロップ : 2 
スプレモ・メリノ : 2
ガテマラ・ブルボン : 2
 
を混合焙煎でフルシティにしたもの。
 
ここ半年くらい愛飲している、ゆうすけオリジナルブレンド。
 

 
 
 
 
 
 

さて、丸型のチーズケーキを切り分け、皿に並べる。
 

那須 御用邸チーズケーキ

那須 御用邸チーズケーキ&自家製コーヒー


 
 
 
 
切った感触では、濃厚そうなベイクドチーズケーキ。
 
 
一口食べてみる。
 
 
 
 
 
 
・・・上品だ。
 
 
そしてもう一口。
 
 
 
 
 
一口目よりも口中に風味が広がり、先ほどまでは掴みきれなかった本来の風味が確実に伝わってくる。
 
それなりに良い材料を使用しているのだろうな。と思える味である。
 
 
うん。確かに美味しいね。
 
 
 
 
 
ではコーヒーを一口。
 
 
 
 
 
「風味が全部消えたっっっ!!」
 
 
 
 
主張しすぎないミルクやチーズの香りが完全にコーヒーに負けていた。
 
 
 
 
 
 
この記事を読んだ方へ。
 
那須 御用邸チーズケーキは、紅茶と合わせる事をオススメします。
 
 

6 / 6« 先頭...23456