【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

20Jul2011

一眼レフの使い方 超基礎編

 
昨年D700を購入してから全く登場しなくなった元愛機D80を、一眼デビューの知り合い夫妻に無期限貸与しました。 
 
僕のネットショップの黎明期から昨年まで、最前線で本当によく働いてくれました。 D80と共に商品撮影の腕を磨き、D80と共に成長してきました。。。ありがとう!!
   
 
知り合いは一眼どころかカメラ自体にもだいぶ疎いと聞いたので「F値とか焦点距離はネットで調べたらいっぱい出てくるよ」 とアドバイスしたのですが、初心者向きで簡潔なサイトが以外と見つかりにくい!
 
僕のブログにも「商品撮影」というカテゴリが準備されているので、せっかくだからここで一眼レフの超入門編を書いてしまいます。
  
  
  
 
 

もくじ

 
1, コンデジとデジ一の違い
2, 明るさを決める2+1の要素
3, 絞り値 (F値) とは?
4, シャッタースピード (SS) とは?
5, ISO感度とは?
6, まとめ。 実際の撮影手順
 
 
 
 

コンデジとデジ一の違い

 
コンデジとは、コンパクトデジタルカメラの事。
デジ一とは、デジタル一眼レフカメラの事です。
 
ちなみに「レフ」とは反射鏡(ミラー)の事なので、2008年にパナが発売開始後他メーカーも巻き込みながら急激にシェアを伸ばし続けているあの小悪魔「ミラーレス一眼」は”一眼レフ”ではありません。
 
一般的には「デジ一」は「デジタル一眼レフ」「ミラーレス一眼」の両方を指しますが、ここでは便宜的に「デジタル一眼レフ」のみを指すこととします。
 
 
 
 
僕にとってコンデジとデジ一の一番の違いは、 「機械感」 です。
 
 
コンデジの「ピピッ」という夢のないサウンドとは次元の違う、重厚かつキレのよい「カシャッ」という音が”機械を操っている”という満足感と”俺の愛機”という所有欲を満たしてくれます。
 
僕の考えでは、ミラーレス一眼はコンデジの高級バージョン、といった感じ。
カメラ背面のモニタに表示される映像ではなく、ファインダー越しに被写体と向き合えるミラー有り一眼こそが「機械」だと思います。
 
 
 
 
くだらない余談が長いと嫌われますので、以下に「コンデジとの違い」を列挙します。
 
コンデジに比べて、デジ一は
 
・【重要】操作しやすい (ホールド感やボタン配置・ボタン数など)
・【重要】被写界深度の調節自由度が高い (背景をボカした写真が撮れる)
・【重要】用途に応じて最適なレンズに取り替えられる (超接写用、魚眼レンズ、風景用、ポートレート用、超望遠などなど)
・予算に応じてレンズを選べる (1万円のお手頃レンズ~100万円超えの超高性能レンズまで)
・凝ろうと思えば、いくらでも深い世界に入り込める懐の深さ 
・最適な設定で綺麗に撮れた時の喜び (カメラとしての面白さ)

 
マイナスポイントは
・本体+レンズが重い、でかい
・レンズやら三脚やら、付属品が多いと移動にかさばる
・最低限で揃えようとしても、本体・レンズの価格がコンデジより高い

 
 
こんな感じでしょうか??
 
 
デジ一が「芸術としての写真を撮る」道具だとしたら、コンデジは「記録としての写真を撮る」道具だと言えるでしょう。
 
コンデジは誰が使ってもかなり綺麗に取れますが、逆に言えば誰が撮っても同じ写真になります。 
 
構図・ボケ具合などを己の感性で操り、ファインダー越しに「被写体を綺麗にとってやろう」という意気込みがある場合は、確実にデジ一の使用をオススメします!
 
また、デジ一はコンデジに比べて「難しい」と考えている人が多いと思います。
 
デジ一にもオートモードはありますので、コンデジと同様にシャッターボタンを押すだけで簡単にとれてしかもコンデジよりも綺麗^^
デジ一の入門機ではシーンモードもありますので「夜景」「ポートレート」など選択すればさらに最適な設定で撮れます。
 
 
アンチコンデジ派だと思われると心外なので誤解のない様言っておきます。。。
 
コンデジってほんっと軽いのに簡単で綺麗に撮れますよね!
 
要は使い分けです^^;
 
 
 
 

明るさを決める2+1の要素

 
デジ一にはオートモードもある、と言いましたが、せっかく一眼デビューしたからにはマニュアル操作で写真を取りたいはずw
 
初心者にマニュアルモードで「はいっ。どうぞ」と渡すと、梅雨の降水確率よりも高い確率で「真っ黒」「真っ白」となってしまいます。。
 
 
最初に覚えるべきは「明るさを決める2+1の要素」です。
 
 
 
絞り値 (F値)
 
レンズ内の絞り羽根を操作して、取り込む光の量を調節します。
 
 
 

シャッタースピード (SS)
 
シャッターを開放する時間を操作して、センサーに当てる光の量を調節します。
 
  
 
 
ISO感度
 
センサーの撮像素子の感度を操作して、本来よりも明るい写真を実現します。
 
 
  
 
2+1 の”1”は最後のISO感度です。 
ISO感度はF値・SSを調節した後、どうしても暗くて撮影出来ないときに調節して下さい。
理由は後述。。

 
 
 
始めてマニュアルで撮影した時に「真っ黒」「真っ白」だった理由は、F値・シャッタースピードの設定がデタラメだったからです^^
 
デジ一には、最適な明るさで撮るための「露出計」が内蔵されています。
 
ファインダーを覗くと、いろいろな表示のなかにゲージがあると思います。
そのゲージが真ん中になるようにF値・シャッタースピードを調節すると、綺麗に撮れます!
 
F値・シャッタースピードのどちらを調節すればいいのか??
それは以下を読めばわかります。
 

 
 

絞り値 (F値) とは?

 
レンズ内の絞り羽根を操作して、取り込む光の量を調節します。
 
またF値の調節により、被写界深度(ピントの合う距離)が変わります。
 
F値が低いほど取り込む光の量が増え、被写界深度が浅く(短く)なります。
 
背景をボカした写真を取りたい時は、F値を低くします。
 
 
 
 

シャッタースピード (SS) とは?

 
シャッターを開放する時間を操作して、センサーに当てる光の量を調節します。
 
シャッタースピードが短いと、一瞬の出来事を切り取れます。 
(流れ落ちる滝の水滴、鳥の飛び立つ瞬間、など)
 
シャッタースピードが長いと、長時間の出来事を一枚の写真で表現できます。
(天体の星の軌跡、夜の高速の車の流れ、など)
 
 
 
 
 

ISO感度とは?

 
センサーの撮像素子の感度を操作して、本来よりも明るい写真を実現します。
 
ただし感度を高くするとノイズが多くなります。
その為、通常ISOは使用するカメラの最低値にしておきます。
 
一般的にはISO100が最低値ですが、低すぎてもノイズが入る場合があるためニコンD700などではISO200が最低値になっています。
 
数年前のデジカメではノイズがひどくてISO800でも使い物になりませんでしたが、最近の物はISO1600程度まで常用でいける物もあります。
 
僕は「ノイズが入ったほうが写真っぽい」と感じる場面もあるため、ノイズが絶対悪だとは思っていません。
みなさんも実際にISO感度を上げて撮影してから、使えないかどうかの判断をしてください。
 
 
 
 
 
 
 

まとめ。 実際の撮影手順

 
明るさを最適にするには、カメラの露出計を見ればOK。
 
F値を下げれば、明るくなるのでSSをあげる。
F値を上げれば、暗くなるのでSSを下げる。
 
どうしても暗い場合はISO感度を上げる。

 
 

背景をボカしたい時は
 
F値を下げて、シャッタスピードを上げる
 
 
水滴を取りたい時は
 
シャッタスピードを上げて、F値を下げる
 
 
 
 
 
 
まずはここから始めましょう^^
 
明るささえ操作できたら、すでにコンデジ写真を超えたはずです。 次は構図ですねw
 

18Apr2011

[ヤマトB2] 印刷失敗時の再発行の方法(伝票番号はそのまま)

 
インク切れなどの理由で、送り状をきれいに印刷できない時があります。
僕の場合は特に、詰め替えインクを使っているので、頻繁に文字がカスんだりします^^;
 
きれいに印刷出来なかった場合は、もちろん再度印刷をする必要があります。

しかし、いざB2の管理画面を見てみると
 
・個別発行
・一括発行
・未発行分発行
・追加発行
・再発行
・呼出発行
 
と、まぁ。。。
  

わざと不親切にしてんだろっ!?

 
という声が全国から聞こえてきそうです。 いや、ほんとに。。
 
 
一つ一つを見ていくともちろん違う機能なのでそれぞれ必要なんでしょう。。
でもね。普段から全部を使うわけではないので、使わない機能はほんっとに意味不明です。
 
「どれでもいいやー」といってアホみたいに再発行してしまうと、同じ宛名で違う伝票番号が重複してしまいプチパニックになります(笑

 
今回は、 「プリンタの調子が悪いので、全く同じ伝票を再度印刷したい。」  というケース。
 
その場合は「再発行」を使います。

トップメニュー → その他 → 再発行
 
発行したい伝票番号を手動入力します。
 
印刷失敗した伝票の”番号部分”さえ読めれば、それを見ながら入力。
まったく印刷出来ていない場合は「出荷データ検索」から伝票番号を調べます。
 
 
 
この機能の至らない所は、一括で再発行できないところ。
再発行したい伝票番号を一つ一つ入力して印刷する必要があります。
 
 
 

まとめ

 

【伝票番号を変えずに送り状を再発行する方法】
 
・伝票番号を調べる。
印刷失敗した送り状の番号が読めない場合、 トップメニュー → 出荷データ検索 → 本日の日付を指定して検索

・再発行する
トップメニュー → その他 → 再発行

11 / 11« 先頭...7891011