【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

6Sep2011

twitterのプロフィール画像

1ヶ月くらい前かな?

twitterのプロフィール画像を変更しようと操作したんだけど、何回やっても適用されないので諦めてたんです。

そしたら、今日の夕方。

プロフ画像が変わってました。

1ヶ月待たなきゃいけないの!?

サーバーが悲劇的に弱い事は周知の事実だと思いますが、プロフ画像変更に一ヶ月かかるというナゾのtwitter。

28Aug2011

[Chrome] smooth gestures終了のお知らせ

はじめてのGoogle Chrome―新機能満載!Webブラウザのインストールからカスタマイズまで! (I・O BOOKS)
わかるFirefox―人気ブラウザの「基本操作」から「アドオン」まで (I・O BOOKS)
Firefox 乗り換え&拡張機能ガイド
–PR–

 
使い続ける事、10万時間超え。。。 (10h/day×3years)

PCの中でもダントツで一番使われるアプリ「ブラウザ」。そうすると同立一位になるのはブラウザ向け機能拡張「マウスジェスチャー」。

Chromeに乗り換えたその日から使っていたマウスジェスチャーの大本命「Smooth Gestures」が突如使えなくなりました。

何かのバグかと思い、再インストールしようとchromeストアで「smooth gestures」を検索。

smooth gestures終了のお知らせ

smooth gestures終了のお知らせ

終了していました。。。

大人気アプリが公式ストアで突然の配布終了、すでにイントールしている物まで強制的に機能停止。

配布終了した場合でも、すでにインストールしたものまで使えなくなる、というのは聞いたことがありません。

これは相当重大なバグか!? と思い自分なりに原因を調べました。

どうやらソフトウェアのコードの中に”閲覧サイトをトラッキングするスクリプト”が含まれていた模様。

中には設定でトラッキングをOFFにしても実はバックグラウンドでトラッキングを続けている、との報告も。

このトラッキング機能を問題視してsmooth gesturesの使用中止を呼びかけているサイトも見つけました。

ただしアドオンによる閲覧サイトのトラッキングは「違法なスパイウェア」とは言えないはずです。

インストール時の同意事項にも含まれているはずだし、他のメジャーなアドオンにも使用状況を送信する機能は含まれています。

気持ち悪い事に変わりはありませんが、いきなり強制排除されるような問題か?というのが個人的見解。

とにかく真相は不明ですが、マウスジェスチャーがないと仕事にならない人は山ほどいるはずです。

新たなアドオンを入れてみました。

「Gestures for Chrome」

Gestures for Chrome / Chromeストア

Gestures for Chrome / Chromeストア

いろいろ設定をいじってみましたが、

Smooth Gesturesのほうが使いやすい(;O;)

また復活しないかなぁ・・・

リンク:Gestures for Chrome / Chrome ウェブストア

22Aug2011

ネットブック+スマートフォン ユビキタス時代の仕事術

できる人の 超★仕事術
マッキンゼー式 世界最強の仕事術 (SB文庫)
仕事が速い人のすごい習慣&仕事術 (PHP文庫)
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
–PR–

このブログでも散々書いているので「しつこいっ!」と思われるでしょうが、2011年初夏にスマートフォンデビューしました。

僕の選んだ「HTC evo WiMAX」は、その名の通りWiMAX電波も受信できるハイブリッド端末。

さらに受信した電波はWi-Fi機能によって手持ちのデバイスへネットワークを供給する無線LANへと早変わり。

さらにAUでは無線LAN機能を使った場合の通信料金も携帯通信の範囲内でまかなえます。

実を言うと海外暮らしから戻って以来、プライベートな携帯電話を持っていませんでした。

大切な連絡はPCメールや自宅の電話で充分だし、プライベートな携帯電話の90%は無駄な時間を浪費していると信じているんです。
外では常に仕事用の携帯を持っているわけだし、急な用事程度なら不便はありません。

「まだそんな奴がいたのかっ!?」と思われるでしょうが、おそらくIT関係の業界では僕が最後の砦だったことでしょう。(マジメな話、最後だったかも知れませんね。)

そんなアンチケータイ派の僕が、このHTC evoのスペックを見て即買いした理由は上述の無線LAN機能。

「だれでも、どこでも、何からでも」のIT社会を表す ユビキタス という言葉が登場して数年経ちますが、やっとここまで来たか! という感覚です。

※ちなみにユビキタスという言葉の定義は特になく、概念的には人間が動く事で周囲のコンピューターが自律的に相互的に働き合う環境や技術を指しているのだと僕は勝手に解釈しています。究極的には、朝起きた事をベットが感知してコーヒーを淹れて暖房を入れる。自宅の玄関を開けると車はエンジンスタート、会社の駐車場に停めると個人認証をしてゲートオープン&オフィスのPCなどが一斉にON。昼食のカロリーは自動的にサーバーにアップされて携帯・PCなど、どこからでも確認OK!みたいなイメージです。これは完全にSFの世界なので、個人的には「いつでも、どこでも、どのデバイスからでも」同じ仕事ができる環境が、現実的で即実現可能なユビキタス社会だと思っています。

徐々に進行していたユビキタス社会の基盤

3年ほど前からのネットブックブーム。

当時Intelが開発したATOMプロセッサという新しい超省電力CPUの技術革新がそこにはありました。

バッテリーの稼働時間を大きく左右するCPUの省電力化。これによりノートPCのサイズ・重量を大きく左右するバッテリーの小型化が進み、それ以前のPCから見ればモンスターの様な小型・長時間稼動のネットブックが登場したわけです。

でも今までは外に持って行ってもネットワークが繋がりませんでした。

外出先でネット接続をする手段としては「公衆無線LAN」「ネット接続用の携帯ネットワークやWiMAX」などのサービスがありますが、いずれも月々1000円程度~6000円ほどです。

安価な無線LANは接続場所が「特定の駅」「特定のカフェ」など、とても”どこでも”と呼べるシロモノではありません。

“どこでも”を実現する広範囲ネットワークは月額5000円以上と、特別に必要な人以外はハナから相手にしていない料金設定です。

まさかこんな日が突然やってくるとは思っていませんでした。

携帯電話のネットワークが追加料金無しでPCに使えるなんて!

これこそが「誰でも、どこでも、何からでも」使えるネットワーク、まさにユビキタス社会の基盤ではないでしょうか?

どこにいても仕事ができる

前置きが壮絶に長くなってしまいましたが、ここからが今日の本題です。

人間というものは、環境が変わると発想が変わります。

これからは「仕事内容に合わせて環境を変えてしまおう」という事が可能な時代です。

僕の場合は、具体的に仕事を以下の3つに分けられます。

・【マネジメント系】スケジュール管理、タスク管理
・【実務作業系】web制作作業、商品管理・梱包発送などの作業
・【クリエイティブ系】短期・長期的な戦略を考える、物書き(ブログ)など

これに加えて、思いついた発想はすぐに記録する、という作業が一日中どこにいても付きまといます。
その為のスマートフォンです。お忘れなく。

では次から、上記の3つに適した仕事場所とデバイスを考えてみます。

マネジメント系は移動中

スケジュール管理などは電車の移動中が最適です。

そもそもスケジュール管理に使う時間は短ければ短いほど良いと思われます。

反して、スケジュール管理は仕事の質と効率を決める、ものすごい重要な要素です。

時間があるなら、ああでもない、こうでもない、と一日中悩めてしまいます・・・

その点電車内では目的地に着いたら強制的に終了をかけれらるので、スケジュール管理をするなら理想的な場所です。

移動中にはよほど気合を入れない限りPCを開けませんので、必要なデバイスは「スマートフォン」です。

短文程度なら吊り革を掴んだまま片手で打てる様に鍛えておきましょう 笑

移動中は環境がめまぐるしく変わる為、面白い発想もでてくるのでは?と考える人がいると思います。

仰るとおりですが、僕みたいに一般的な集中力の人間には、移動中はクリエイティブな発想を具体化する作業ができません。
ポッと浮かんだアイデアも一瞬で忘れてしまいますw

発想は簡単にメモするだけ。それを詰めていく作業は・・・次の章で。

クリエイティブ系は街のカフェで

「刺激的な環境」と「落ち着いた環境」を実現するのが、街のカフェです。

上の2つがもたらしてくれる「クリエイティブな発想」と「集中力」が、今後の戦略を練ったり、まとまった文章を書く時に必須の要素です。

さすがにスマートフォンでは長文はきついですので、ここではネットブックを使います。

カフェ+ネットブックは最強の物書き環境だと思います。

物を書くときには調べ物をする機会が増えますが、ちょっとした調べ物程度でしたらPCで書きながらスマホで調べる、といった使い方もできます。

移動できない重い作業は、オフィスで

ネットショップの場合、商品管理と発送作業は当然倉庫で行う事になります。

カフェで梱包作業やってるアホはさすがに見かけないですよね 笑

その他にも、web製作などの専用ソフトが必要な重い作業は、専用のデスクトップPCが必要です。

オフィスの作業で一番大切な事は、

外でできる事は、できる限り外でやる

という気持ちです。

これを意識しないと、何時間もダラダラとブログを書いたり、スケジュール管理に時間を浪費する事になります。

スケジュール管理はスマホでしかしない!
ブログはネットブックでしか書かない!

と決めることで、時間を有効に使うことができます。

少なくとも僕はそうでした(;・∀・)

いつでも、どこでも、何からでも を実現させる下準備

【ネットワーク環境】
・WiMAX,3Gなどの広範囲ネットワーク
・公衆無線LAN
・オフィス,自宅の高速通信(光回線)

【使用端末】
・スマートフォン
・ネットブック
・デスクトップPC

【ツールのクラウド化】
・スケジュール管理
googleカレンダー
Remember the Milk など

・メモ帳
evernote など

他にも、気になった物は何でも写真を撮ってpicasaやdropboxにアップするなど、アイデア次第でいくらでも無料でクラウド化できます。

便利な無料ツールの使用レポは、随時更新していきます!

21Jul2011

Twitterの使い方って結局なんなんだろう・・・

僕はブログを書くのが好き。
 
仕事関係のネタを「TYメソッド」としてブログ記事にまとめると、バラバラだった知恵がまとまって自分の糧になるからだ。
 
更に、自分の技術をアピールする場としても成り立っていて、近い将来に「ブログを介してwebショップアドバイスの仕事をゲット」する目標にも繋がる。
 
趣味関係では、料理レシピの保存や愛犬の写真アルバムとして。 かなり便利なツールだと思っている。
 
ただし、人と交流・意見交換するのにブログは向いていない。 
 
 
 
 
僕はSNSが(日本で生まれる前から)ずーーっと嫌い。
 
ネットとは「道」だと思っている。
 
ブログやサイトは「自宅」だと思っている。
 
友達がわざわざ道を歩いて自宅に来てくれるのは大歓迎。
 
しかしSNSの国には道がない。
  
友達は常に盗聴器&望遠鏡で僕の行動を監視している。
 
更に、SNS国では各個人が自宅での行動を逐一手紙で「今からお風呂はいります」「そろそろ寝ます」と大発表している。
 
SNSを使ったことのない僕の勝手なイメージですが、監視社会的なマイナスの先入観で使う気にはなれない。
 
もちろんSNSでどこまで発表するかは使い方・設定次第だが、そもそもネットサービスで半ば強制的に友達と繋がっていたいとも思わない。
 
ただし、特定の多数と継続的に交流をするのにこれほど最適なツールはないと思っている。
 
 
 
 
で、Twitter。。
 
考えをまとめるには短すぎる。
 
友人たちと交流しようにも軽すぎる。
 
こんな曖昧なツール、流行る訳ない、と思っていた。 
 
ただ、誰に宛てた訳でもない”たわ言”をムショウにつぶやきたい時がある。
 
そんなふわっとした緩い独り言を発表するのに、こんな適したツールはない。
 
 
 
「あぁ・・・腹いてぇ・・・」
 
こんな”たわ言”に、自分としてのアイデンティティーはない。
 
ブログで正確に記録する必要はない。
 
SNSで友人たちに発表する必要はない。
 
ただ、、お腹いたくてやるせない。。
 
つぶやきたい時もある。。。
 
「腹いてぇなぁ・・・」
 
 
こんな意味のない”たわ言”の交換こそが、利害関係を抜きにした、人間関係の本質じゃないか?とふと考えてみる。
 

3 / 41234