【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

17Jun2011

Excelで接頭(接尾)辞を付けたい時の小技など、、

 
Excel奮闘記
 
昨年末にPCを新調してWindows7になった時にMicrosoft OfficeからOpenOfficeになりました。 
元々Office製品は大学の授業で必要に迫られて使っていた程度の知識なので、両者の違いは全くわからいんですけど^^;
 
いちいち「OpenOffice Calc」 と呼ぶのは煩わしいのでexcelと言っちゃいますけど、気にしないでください 笑
 
 
 
ネットショップでは、商品データを扱う時にexcelで操作することがあります。
そんな時にちょっと便利な小技です。
 
“超”excel初心者の僕が見つけた小技なので、一般的には常識かもしれませんけど。。自分自身の健忘録として・・・
 
 

【指定の列に接頭辞・接尾辞を付けたい】
 
例: 
B列に 「田中」「山田」「高橋」、、、と名前が書いてある。
これを 「田中様」「山田様」「高橋様」、、、に変更したい。
 
 
方法:
空の列Cを用意する。
数式[ B1&”様” ] と記述する。
これをセル右下の■をドラッグして伸ばしていく。
 

 
【数式のデータを文字列に変換したい】
 
例:
上の例題で、C列 【~様】 を作った為、B列が必要なくなった。
しかしB列を消すと、 【B1&”様”】 という計算式で成り立っているC列にエラーが出る。
その為、 C列の内容を文字列に変換したい。
 
 
方法:
変換したいC列を普通にコピーする。
空の列Dを用意して、貼りつけ先のセルを選択。
メニューの「編集」→「形式を選択して貼りつけ」→「テキスト」にチェックをいれてOK。
 
 
 
 
 
 
今回の方法は、アウトレットセールの準備中に大活躍しました。

A001 という商品コードのアウトレット品に OLA001 というコードを、
マグカップ という商品のアウトレット品に 【OUTLET】マグカップ という名前をつけようとしました。
 
アウトレット品をリストアップした所100点以上もあったため、手動で商品コード・商品名をつけていたら1時間はかかっていたと思います。
この方法なら20秒程度でした^^

4 / 41234