【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

23Jul2011

[photoshop]商品写真の切り抜き加工 クイックマスク編

Photoshop 10年使える逆引き手帖 【CS4/CS3/CS2/CS/7.0対応】 (ああしたい。こうしたい。)
Adobe Photoshop CS5パーフェクトマスター―Adobe Photoshop CS5/Extended/CS4/CS3/CS2対応、Windows/Macintosh対応 (Pefect Master Series)
Photoshopデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-[改訂第二版] 【CS5/CS4/CS3/CS2/CS 対応】
奇蹟のPhotoshop "ハイクオリティな写真"をつくるプロのレタッチ術
–PR–

ネットショップで大切な商品写真。

実際の使用場面を再現したイメージ写真や、商品の質感がよく伝わるようにアップで写した詳細写真など。

用途によっていろいろな撮影方法が必要になります。

今回のテーマは「切り抜き写真の作り方」。

画像補正ソフトで背景を切り抜いて、真っ白にする手法です。 

切り抜き写真の効果的な使い方から、photoshopでの切り抜き方法までを説明したいと思います。

もくじ

1, 切り抜き写真の効果的な使い方
2, 切り抜きに最適な写真の準備
3, photoshopでの切り抜き加工

切り抜き写真の効果的な使い方

写真には一枚一枚メッセージがあります。
山岳写真家が山脈と向き合った時、「この山の過酷さを表現したい」と思ったのか「この山の美しさを表現したい」と思ったのかで、同じ山でも全く違った写真になります。

商品写真も全く同じ。

例えばスニーカー。
「どんなシーンで使うのか?」「どんなパンツと合わせたらかっこいいか?」 という要求には、切り抜き写真では表現できないためモデルを使った撮影が最適です。
しかし、「素材感は?」「靴底はどうなってる?」「いろいろな角度から見てみたい」という要求には、切り抜き写真が最適でしょう。

商品の詳細な画像が見たい時は切り抜き写真が適しています。

ただし、僕は日頃から「切り抜き写真には心がない」と思っています。

確かに切り抜き写真では商品の詳細を知ることができるでしょう。
しかし「楽しさ」や「ワクワク感」は切り抜き写真では伝えられない、という事を忘れないで下さい。

ネットショップでの切り抜き写真の効果的な使い方

・商品の詳細写真として使う。ただし、必ず「使用をイメージできる写真」も使うこと。
・「商品一覧」や「色違いの商品」などのリストで使う

切り抜きに最適な写真の準備

基本的にはどんな写真・被写体でも切り抜きは可能ですが、出来上がりの完成度を高める為に「切り抜き用写真」を準備することが好ましいです。

以下は「切り抜き用写真」に適していませんので、注意してください。

【被写体】
・ガラス製品 (背景が透ける)
・上記以外でも、背景が透ける商品(薄い布など)
・境界線がはっきりしない商品 (ファー(毛皮)製品など)

【セッティング・構図】
・商品のライティングにムラがある
・背景色と商品が同じ色
・商品の一部しかピントがあっていない
・商品の全体が写っていない

背景は無地の白が最適です。
白以外にすると、どうしても背景の色が商品に写りこんでしまいます。
その結果、商品を切り抜いても、境界線が背景色に染まってしまいます。

先に書いた「背景色と商品が同系色はNG」と矛盾してしまいますが、なるべく商品と背景色は合わせたほうが映り込みが少なくすみます。
ただし商品と背景がまったく同じ色の場合は、非常に切り抜きがやりにくいです。。。

このへんのバランスは何回かやってみて習得して頂くしかないですかね・・・^^;

photoshopでの切り抜き加工

では実際にphotoshopで切り抜き加工をしてみます。

※切り抜きの方法はいくつもありますが、今回ご紹介するのは個人的にお気に入りのクイックマスクを使用する方法です。
塗り絵感覚で簡単に行える反面、ペンタブレットがないと多少難しいかもしれません。。。

使用するのは、僕のネットショップで好評販売中(笑) モロッコバブーシュです。

切り抜き用に準備した写真

ちなみに背景は、実家のリフォームで余った白系の壁紙を使用しています。
白色のロールスクリーンは何万円かするので、節約節約^^;

まず初めに「マグネット選択ツール」でおおまかに選択します。

マグネット選択ツールで商品の輪郭にそってドラッグします

マグネット選択ツールで商品の輪郭にそってドラッグします

後で修正するので、おおまかで大丈夫です

後で修正するので、おおまかで大丈夫です

選択ができたら「クイックマスクモードで編集」を押します。(or ショートカットキー”Q”)

マスクのアイコンをダブルクリックでマスクの色を変更できます

マスクのアイコンをダブルクリックでマスクの色を変更できます

商品と反対色のマスクにすると切り抜きやすいです

商品と反対色のマスクにすると切り抜きやすいです

マスクモードになったら、ブラシツールを選択します。(or ショートカットキー”B”)

ブラシツールを選択したら描画色が黒になっていることを確認します

ブラシツールを選択したら描画色が黒になっていることを確認します

ブラシツールの黒でマスクが足りない部分を塗り足します。
マスクがはみ出している所は、消しゴムツール or ブラシの白で塗ります。

ブラシや消しゴムの大きさは好みで調整してください。

で、こちらが修正後

商品に多少食い込む程度の方が綺麗な仕上がりになります

商品に多少食い込む程度の方が綺麗な仕上がりになります

修正が終わったら、先ほどの「クイックマスクモード」アイコンをクリックします。(or ショートカットキー”Q”)

商品だけ綺麗に選択されました

商品だけ綺麗に選択されました

メニューの「レイヤー」→「新規」→「選択範囲をコピーしたレイヤー」をクリックします。

選択範囲をカットしたレイヤーでも構いません。お好みで。。

選択範囲をカットしたレイヤーでも構いません。お好みで。。

レイヤーウィンドウに新しいレイヤーが出てきますので、元々のレイヤー「背景」を削除します。

切り抜きのレイヤー「レイヤー1」が新しく登場します

切り抜きのレイヤー「レイヤー1」が新しく登場します

背景を削除したら切り抜きの完成!!

背景を削除したら切り抜きの完成!!

「別名で保存」でJPEGを選択した場合は、透明部分は自動的に白になります。

「手動で白い背景を作りたい場合」や「白以外の背景色にしたい場合」は、切り抜きレイヤーの下に新規レイヤーを作成してベタ塗りしてください。

こちらが完成した切り抜き写真です。

明度・彩度の補正やリサイズをして使いましょう

明度・彩度の補正やリサイズをすれば、すぐにでもサイトにアップできます

切り抜き写真は汎用性を高める為、色調補正をする前に保存しておきます。

実際に使う際に、先ほど保存した切り抜き写真に色調補正・リサイズを施します。

こうすることで、切り抜き写真が必要になったときに毎回切り抜き作業をする必要がなくなります^^

どうしても綺麗に切り抜けない! そもそもPhotoshopを持ってない!

お困りの場合はtyのtwitterにつぶやいてください!

実際に切り抜きたい写真を見せて頂けたら、簡単なアドバイスができるかと思います。
またphotoshopの操作方法でお困りでしたら(CS2・CS5なら)、大抵わかります。

あ、あと今回作例で使ったバブーシュが気になっちゃった場合は僕の運営するショップ・プチコテージを覗いてください 笑
【プチコテージ】モロッコバブーシュ 一覧

商品写真加工が90円から
当サイトでは商品写真加工サービスを行なっています。
Photoshopを持っていないショップ運営者の方、写真加工を外注したい方、是非ご連絡ください。

20Jul2011

一眼レフの使い方 超基礎編

 
昨年D700を購入してから全く登場しなくなった元愛機D80を、一眼デビューの知り合い夫妻に無期限貸与しました。 
 
僕のネットショップの黎明期から昨年まで、最前線で本当によく働いてくれました。 D80と共に商品撮影の腕を磨き、D80と共に成長してきました。。。ありがとう!!
   
 
知り合いは一眼どころかカメラ自体にもだいぶ疎いと聞いたので「F値とか焦点距離はネットで調べたらいっぱい出てくるよ」 とアドバイスしたのですが、初心者向きで簡潔なサイトが以外と見つかりにくい!
 
僕のブログにも「商品撮影」というカテゴリが準備されているので、せっかくだからここで一眼レフの超入門編を書いてしまいます。
  
  
  
 
 

もくじ

 
1, コンデジとデジ一の違い
2, 明るさを決める2+1の要素
3, 絞り値 (F値) とは?
4, シャッタースピード (SS) とは?
5, ISO感度とは?
6, まとめ。 実際の撮影手順
 
 
 
 

コンデジとデジ一の違い

 
コンデジとは、コンパクトデジタルカメラの事。
デジ一とは、デジタル一眼レフカメラの事です。
 
ちなみに「レフ」とは反射鏡(ミラー)の事なので、2008年にパナが発売開始後他メーカーも巻き込みながら急激にシェアを伸ばし続けているあの小悪魔「ミラーレス一眼」は”一眼レフ”ではありません。
 
一般的には「デジ一」は「デジタル一眼レフ」「ミラーレス一眼」の両方を指しますが、ここでは便宜的に「デジタル一眼レフ」のみを指すこととします。
 
 
 
 
僕にとってコンデジとデジ一の一番の違いは、 「機械感」 です。
 
 
コンデジの「ピピッ」という夢のないサウンドとは次元の違う、重厚かつキレのよい「カシャッ」という音が”機械を操っている”という満足感と”俺の愛機”という所有欲を満たしてくれます。
 
僕の考えでは、ミラーレス一眼はコンデジの高級バージョン、といった感じ。
カメラ背面のモニタに表示される映像ではなく、ファインダー越しに被写体と向き合えるミラー有り一眼こそが「機械」だと思います。
 
 
 
 
くだらない余談が長いと嫌われますので、以下に「コンデジとの違い」を列挙します。
 
コンデジに比べて、デジ一は
 
・【重要】操作しやすい (ホールド感やボタン配置・ボタン数など)
・【重要】被写界深度の調節自由度が高い (背景をボカした写真が撮れる)
・【重要】用途に応じて最適なレンズに取り替えられる (超接写用、魚眼レンズ、風景用、ポートレート用、超望遠などなど)
・予算に応じてレンズを選べる (1万円のお手頃レンズ~100万円超えの超高性能レンズまで)
・凝ろうと思えば、いくらでも深い世界に入り込める懐の深さ 
・最適な設定で綺麗に撮れた時の喜び (カメラとしての面白さ)

 
マイナスポイントは
・本体+レンズが重い、でかい
・レンズやら三脚やら、付属品が多いと移動にかさばる
・最低限で揃えようとしても、本体・レンズの価格がコンデジより高い

 
 
こんな感じでしょうか??
 
 
デジ一が「芸術としての写真を撮る」道具だとしたら、コンデジは「記録としての写真を撮る」道具だと言えるでしょう。
 
コンデジは誰が使ってもかなり綺麗に取れますが、逆に言えば誰が撮っても同じ写真になります。 
 
構図・ボケ具合などを己の感性で操り、ファインダー越しに「被写体を綺麗にとってやろう」という意気込みがある場合は、確実にデジ一の使用をオススメします!
 
また、デジ一はコンデジに比べて「難しい」と考えている人が多いと思います。
 
デジ一にもオートモードはありますので、コンデジと同様にシャッターボタンを押すだけで簡単にとれてしかもコンデジよりも綺麗^^
デジ一の入門機ではシーンモードもありますので「夜景」「ポートレート」など選択すればさらに最適な設定で撮れます。
 
 
アンチコンデジ派だと思われると心外なので誤解のない様言っておきます。。。
 
コンデジってほんっと軽いのに簡単で綺麗に撮れますよね!
 
要は使い分けです^^;
 
 
 
 

明るさを決める2+1の要素

 
デジ一にはオートモードもある、と言いましたが、せっかく一眼デビューしたからにはマニュアル操作で写真を取りたいはずw
 
初心者にマニュアルモードで「はいっ。どうぞ」と渡すと、梅雨の降水確率よりも高い確率で「真っ黒」「真っ白」となってしまいます。。
 
 
最初に覚えるべきは「明るさを決める2+1の要素」です。
 
 
 
絞り値 (F値)
 
レンズ内の絞り羽根を操作して、取り込む光の量を調節します。
 
 
 

シャッタースピード (SS)
 
シャッターを開放する時間を操作して、センサーに当てる光の量を調節します。
 
  
 
 
ISO感度
 
センサーの撮像素子の感度を操作して、本来よりも明るい写真を実現します。
 
 
  
 
2+1 の”1”は最後のISO感度です。 
ISO感度はF値・SSを調節した後、どうしても暗くて撮影出来ないときに調節して下さい。
理由は後述。。

 
 
 
始めてマニュアルで撮影した時に「真っ黒」「真っ白」だった理由は、F値・シャッタースピードの設定がデタラメだったからです^^
 
デジ一には、最適な明るさで撮るための「露出計」が内蔵されています。
 
ファインダーを覗くと、いろいろな表示のなかにゲージがあると思います。
そのゲージが真ん中になるようにF値・シャッタースピードを調節すると、綺麗に撮れます!
 
F値・シャッタースピードのどちらを調節すればいいのか??
それは以下を読めばわかります。
 

 
 

絞り値 (F値) とは?

 
レンズ内の絞り羽根を操作して、取り込む光の量を調節します。
 
またF値の調節により、被写界深度(ピントの合う距離)が変わります。
 
F値が低いほど取り込む光の量が増え、被写界深度が浅く(短く)なります。
 
背景をボカした写真を取りたい時は、F値を低くします。
 
 
 
 

シャッタースピード (SS) とは?

 
シャッターを開放する時間を操作して、センサーに当てる光の量を調節します。
 
シャッタースピードが短いと、一瞬の出来事を切り取れます。 
(流れ落ちる滝の水滴、鳥の飛び立つ瞬間、など)
 
シャッタースピードが長いと、長時間の出来事を一枚の写真で表現できます。
(天体の星の軌跡、夜の高速の車の流れ、など)
 
 
 
 
 

ISO感度とは?

 
センサーの撮像素子の感度を操作して、本来よりも明るい写真を実現します。
 
ただし感度を高くするとノイズが多くなります。
その為、通常ISOは使用するカメラの最低値にしておきます。
 
一般的にはISO100が最低値ですが、低すぎてもノイズが入る場合があるためニコンD700などではISO200が最低値になっています。
 
数年前のデジカメではノイズがひどくてISO800でも使い物になりませんでしたが、最近の物はISO1600程度まで常用でいける物もあります。
 
僕は「ノイズが入ったほうが写真っぽい」と感じる場面もあるため、ノイズが絶対悪だとは思っていません。
みなさんも実際にISO感度を上げて撮影してから、使えないかどうかの判断をしてください。
 
 
 
 
 
 
 

まとめ。 実際の撮影手順

 
明るさを最適にするには、カメラの露出計を見ればOK。
 
F値を下げれば、明るくなるのでSSをあげる。
F値を上げれば、暗くなるのでSSを下げる。
 
どうしても暗い場合はISO感度を上げる。

 
 

背景をボカしたい時は
 
F値を下げて、シャッタスピードを上げる
 
 
水滴を取りたい時は
 
シャッタスピードを上げて、F値を下げる
 
 
 
 
 
 
まずはここから始めましょう^^
 
明るささえ操作できたら、すでにコンデジ写真を超えたはずです。 次は構図ですねw
 

10Jan2010

商品写真は”ありのまま”より綺麗に撮る

 
 
 
商品写真はありのままを写してはダメ!
本物よりも美しく撮る。

 
 
 
こんな事を書くとお客様からは「偽装だ!」と怒られそうですが、写真、特に商品写真は
 
本物よりも より本物らしく綺麗に撮る
 
事が鉄則なのです。
 
 
 
1割増しで綺麗に取れた商品写真を見て、ちょうど本物がイメージできます。
 
本物の姿をそのまま撮ると、商品が届いた時に「あれ!もうちょっと汚いかと思ったけど、以外と綺麗じゃん!」ってなります。
 
 
 
過去にも書きましたが、
 
実店舗の棚に並ぶガラスのコップに指紋が付いていても「汚ねー」って思う人は少ないでしょうが、ネットショップの写真で指紋が付いていたら「汚くて確実に買う気が失せます」
 
 

間違っても「偽装」を勧めているわけではありません。
 
普段気にならない汚れ・ゴミでも、写真の中では目立ちます。
 
 
 
 
 
他にも 本物よりも綺麗に撮らなければいけない 例えとして
 
空は思っていたほど青くない
 
という例もあります。
 
 
 
商品撮影のセッティングや、実店舗の場合は商品のディスプレイに レプリカ(作り物) を使う場面は多いと思います。
 
 
僕も撮影小道具としてレプリカをいくつか持っているので、「ロールパンのレプリカ」のお話をします。
 
この「作り物のロールパン」ですが、実際みてみると必要以上にテカテカしてるし、焼き色もくっきり綺麗だし、間違って食べる事はまずありません。
 
 
一言で言うと
 
「ロールパン過ぎるだろ!」
 
という作り。
 
 
 
 
しかしある日、「朝食」の風景を撮っていた時の事です。
 
 
 
そこに写っていた本物のロールパンが、写真でみると「まずそう」で仕方ありません。
 
焼き色も変だし、形がいびつだし・・・・
 
 
そこで作り物のロールパンをお皿に並べてみました。
 
 
すると、写真の中で作り物のロールパンは
 
「本物よりも本物らしいロールパン」
 
になったのです。
 
 
 
 
この例でわかる事は、
 
人間のイメージと現物は必ずしも一致しない
 
という事です。
 
 
 

記憶の中の「ロールパン」は普段食べているロールパンより綺麗に、
 
記憶の中の「空」は本物の空より青く、
 
鏡の中の「自分」は本物よりかっこ良く・・・(笑
 
 
 
 
 
今回お話した2つの事例。
 
この事実を知らずに「正直」に本物をそのまま撮ると絶対に損をしますよ!?
 
 
 

 
 
 
まとめ 
 
 
普段気にならないゴミ・汚れも、写真では目立って汚くなってしまう
 
頭の中で思っているほど、実際は(色彩・形が)綺麗ではない事が多い
 
 
 
 
キレイに撮るテクニック
 
 
撮影前に汚れを徹底的に取る。
 
布物等やわらかい素材を取る場合は、置くだけではなく形にこだわる。
 
↑ 「普段絶対こんな形で置かれないだろ(笑」 と思われるほど不自然でもいい。
 
色彩は実物よりも派手に。 画像補正時に 彩度・コントラスト強め くらいが丁度良い。
 
↑ 画像編集ソフト導入前の場合は、カメラ設定「鮮やか」で撮影するといい。

 
 
 

商品写真補正が90円から
当サイトでは商品写真補正サービスを行なっています。
Photoshopを持っていないショップ運営者の方、写真補正を外注したい方、是非ご連絡ください。

4Jan2010

webショップ用写真撮影の鉄則(基礎の基礎)

 
 
今回のタイトルにある「”webショップ用”商品写真」ですが、強調したい所は”ショップ”ではなく”web用”という部分です。
 
  
【web用写真】 と対比しているのは 【印刷用写真】 すなわち、普通の写真です^^;
 
このブログはネットショップ運営者向けブログですので、やはり印刷用の写真よりもweb用の写真の使用頻度の方が高いと思います。
 
 
ここまで読んで「印刷用の写真」と「web用の写真」ってそんなに違うの?と思った方がいるはずです!
 
実は、この2つは全く違います!
 
 
 
web用と印刷用の写真で異なるポイントを簡潔に挙げます。
 
ただし私は印刷用の商品写真については全くのド素人ですので、あまり鵜呑みにしないでください・・・(笑
印刷用の写真の方は、芸術的な写真を撮る様な状況ではなく、お父さんが子供の運動会の写真を撮る状況のイメージで聞き流して頂ければ・・・と思います。
 
 
 
 
まず、 撮影サイズ
 
web用は小さいサイズで撮る
印刷用はなるべく大きいサイズで撮る
 
 
次に、 明るさ
 
web用は標準的・一般的な明るさにする
印刷用は自分の好きな露出で撮る
 
 
そして、 
 
web用は使用するページの周囲の写真と色を合わせる
印刷用は自分の好みの色合いを出す
 
 
 
と、基本的な部分でもこんなに違いがあります。
 
 
その原因は・・・・
 
 
 
web用は閲覧者のモニタ環境によって明るさ・色が変わる
印刷用は自分で印刷した物をそのまま閲覧できる

 
という事です。
 
 

そうです。web用とはインターネット上に置き、どこからでも見れる状態の事、すなわちどんな設定のモニタで見られるか分からないのです!
 
ある程度「色合い・明るさ」などの異なる環境でも、ベストな結果が出せる用に調節された写真が 【webショップ用写真】 という事になります。
 
 
 
 
概要が分かったところで、先ほど述べた一つ一つの理由を説明します。
 
 
 
 
撮影サイズについて
 
印刷用は大きく撮る
web用は小さく撮る

 
 
これはモニタと印刷用に求められる解像度の違いからです。
 
一般的なモニタの解像度は72ppi?100ppi程度です。
 
これに対して写真を綺麗にプリントをする時に必要な解像度は300dpi程度です。dpiが低いとカクカクしたモザイクがかった写真になります。
 
単純に考えると上の事から、同じ大きさの画像を作るときに、印刷時はモニタに比べて3倍以上の解像度(サイズ)が必要だと分かります。
 
 
もちろん「大きく撮っても小さく加工すればいい」という事はあります。
ただ、加工の手間や画質の劣化を考えると、不必要に大きく撮る事はオススメしません。
 
 
 
ちなみにppiとは「ピクセル・パー・インチ」
dpiとは「ドット・パー・インチ」の略で
どちらも1インチ中に何個のドットがはいるか、という意味です。
 
 
 
 
 
 
明るさについて
 
web用は標準的な明るさにする
印刷用は自分の好きな露出で撮る

 
 
印刷用に関しては、自分の好みの明るさで撮ってプリントした物が「完成形」となります。
明るい写真が良ければ明るくできるし、その反対も可能です。
 
ただしweb用の場合は状況が違います。
前回も触れましたが「見る人のモニタ環境によって表示が変わる」からです。
 
自分の使っているモニタで「少し明るめ」の写真が、他の人のモニタでは「すごく明るくでよくわからない」状態になっている可能性もあります。
 
 
これを防ぐ為に知っておかなければいけない事は
自分が使っているモニタの明るさ
です。
 
モニタによっては暗めの設定の物から明るい設定の物までいろいろありますし、使用者自身の好みに設定する事も可能です。
 
機種によってはデフォルトの状態で「明るさ最大」になっているモニタもありますので、最低限、写真撮影時には標準的な明るさに戻すようにします。
(何が「標準」かは難しいところです^^; 電気屋などでいろんなモニタを見て比べるしか方法はなさそうですね・・・) 
 
 
 
 
色について
 
web用は周囲の写真と色を合わせる
印刷用は自分の好みの色合いを出す

 
 
印刷用のほうは明るさの項と同じ理由です。
印刷してしまえば、誰に見せても同じ写真ですね。
 
 
web用についてですが、これは【webショップの商品写真】という事に注目して下さい。
 
 
ネットショップの商品写真の場合、同じ商品の写真を違う色で撮る、という事は避けなくてはいけません。
写真のみで商品の色を判断しなければいけないのに、写真によって色が違うのではどの色が本物に近いのかが分からなくなってしまいますよね。
 
上の様な理由で同じ商品の写真は全て同じ色で撮る様にしてください。
 
 
 
 
 
 
まとめ
 
 
サイズ: 必要なサイズ以上は不必要に大きく撮らない
明るさ: 標準的な明るさを意識
色: 同じ商品は必ず同じ色になる様に

  
webショップ用写真はこの様に撮りましょう。
 
 
 
 
商品写真補正が90円から
当サイトでは商品写真補正サービスを行なっています。
Photoshopを持っていないショップ運営者の方、写真補正を外注したい方、是非ご連絡ください。

3 / 41234