【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

6Jan2010

ネットショップ向け画像補正ソフト比較

【2007年に他サイトで書いたブログ記事を再アップします。】

 
 
 
 

商品を売るネットショップでは「商品撮影」は最も重要で、最も困難な壁だと思います。
 
ネットショップにおける商品写真は、実店舗における 「商品」 そのものですね。 写真無しでは物は売れないでしょう。
 

写真によって商品の色・形がわかる事はもちろん、それ以外に「機能」や「質感」が伝わり、なおかつ買いたくなる様な【かっこ良い】写真が必要です。
 
知識・経験ゼロで商品撮影に奮闘している方は、きっと撮影道具や撮影スペースの問題で自分の理想とする写真が撮れない場合が多い事でしょう。
 
 

どうしても上手く撮れない場合は、画像補正に頼る、というのも一つの方法です。
 
つまり撮った後に そうでもない写真 を なかなかの写真 に加工してしまうのです。
 
 
 
 

写真を撮ってホームページに載せる状態にするまでには、ご存知の通りいくつもの機材が必要です。
 
【デジカメ】 【撮影道具】 【撮影スペース】 【画像補正ソフト】 
 
私は、初めの一歩を踏み出そうとしている人には迷わず 一番簡単&安くて効果の高い【画像補正ソフト】 への投資をお勧めします。
 
 
 

 
多くの人が一番頭を抱える【明るさ】の問題。
  
室内で商品撮影を行う場合は必ずライティングが必要ですが、残念な事に一般の人は照明器具を持っていませんよね。
 
更に残念な事は、写真撮影において ライティング はカメラ本体の性能よりもはるかに結果に左右する要素だという事です。
 
素人が撮った写真の 「パッとしない感じ」 は、ほとんどが適切なライティング不足による 「暗い」 「立体感がない」 「質感がない」 という現象が原因です。
 
 
 
このライティングの問題。 これは補正の効果が絶大です!
 
明るさをいじる操作だけなら1分もあれば作業は終わります。
 
立体感や素材感を出すのも、コントラストや色調・ 彩度などをチョコっと触るだけです。
 
納得いく写真が撮れるまで何回も何回も撮り直す。。。 そんな手間をかけるより 1枚撮って補正 の方が仕事の効率もあがりますね!
   
 
 
 
 

では今回の本題、 補正ソフトはどれを使ったらいいの?  を比較検討しましょう。 

 
  
 

今回は
Photoshop CS2
Photoshop Elements 3.0
Fireworks MX2004
の3つを比較しようと思います。

 
 
自分の使った事のあるソフトしか比較できないのが残念ですが、3つとも超メジャーなソフトですのでもっと詳しく知りたい場合は参考になるサイトが数多くあります。探してみてください。
 
 
 
比較する前に結果を言ってしまいますが、写真補正機能については「Photoshop」が最も優れています。
 
 

Photoshop は画像補正ソフトの代表格です。プロ御用達で、一般の人では相当画像補正に凝っている人が使う部類です。
 
Photoshop Elements がその下位バージョンで、趣味用途で購入する人が多いのがコレです。
ちなみに私はペンタブレットを買ったら付いてきました^^
 
Fireworks は画像補正専門のソフトではなく、web用のグラフィック編集ソフトです。
 
 
 
上記の様になっていますので、一番良いPhotoshopを買ってください。  ・・・という訳にはいきません(笑 
 
それぞれに価格の差があり、機能の差があります。 今回はそれの比較検討です。 
 
 
 
しかし、今後頑張って本気で綺麗な写真を載せたいと思っている方だけは迷わずPhotoshopを購入してください!後悔しませんから!
  
 
 
 
 
 
では本編に入りましょう。

 
 
まず、素人が写真撮影に奮闘する時に悩むポイントを整理しましょう。

1.暗い
2.スペースがなく余計な物が写ってしまう

他もいろいろありますが、多くの人が特に頭を抱える問題はこの2つだと思います。
 
 
1は照明を工夫したりすれば改善しますが、2の問題はスタジオでも借りない限りはなかなか難しいですね。。
 
 
 
この2つの問題を解決するために必要な機能は
 
1.明るさ・彩度の補正
2.トリミング(余計な部分を取り去る機能)

 
です。
 
 
 
 
 
1、 明るさ・彩度の補正
 
 
明るさ・彩度の補正については3つのソフト共可能です。
 
明るさ・カラー調整の性能については
Photoshop >>>>>> Photoshop Elements >>> Fireworks
のといった具合だと思います。
 
 
明るさ補正の話題で必ず出てくる「トーンカーブ」ですが、Elements以外には付いています。(Photoshopのトーンカーブに慣れているとFireworksのトーンカーブは”不自然に”曲がる気がしますが(笑)
 
 
このトーンカーブは、慣れてくると「無いと出来ない!」となる程重要な役割を担っています。
 
ただし、Elements5.0には「カラーカーブ」という機能が搭載されている様です。スライダを使って間接的にトーンカーブを動かすらしいですが、プロ並みの補正を目指す方以外にはこちらの方が手軽でいいかもしれませんね。(そもそもプロ並みを目指すならPhotoshopを使っていると思いますが。)
 
 
 
使用感や使いやすさはさておき、web画像向けの明るさ・彩度の補正で3つのソフトに大差はないと思います。
 
理由は、
印刷用写真と違い最終的なサイズが小さい事
閲覧者のモニタにより色合いが変わるのでとことん微妙な補正は効果がない事
などが挙げられます。
 
 
 
モニタによって画(え)が違う
 
 

これがWeb用写真の最も恐ろしい問題でもあるのですが・・・これは諦めるしかないですね(泣
 

私自身、時間をかけて綺麗に補正した写真を、普段は閉まってあるノートPCで見てショックを受ける事が良くありました。 
 
  
 
明るさ補正の結論:
 
Web用商品写真という用途ならば大差はない

 
 

 
 
2、 トリミング
 
 
トリミングの性能については
 
Photoshop > Photoshop Elements >>>>>>>>> Fireworks
 
といった感じで、圧倒的に差があります。
 
 
 
 
トリミングと言ってもいくつかあります。
 
画像の端を切り取る
商品に沿って切り抜く
商品についたほこりを消す

 
 
 
「不要な端の部分を切る」だけならばどのソフトでも可能ですし、操作方法・精度に大差はありません。

それだけならばフリーソフトでも可能です。 

 
 
では何故こんなに差をつけたのかと言うと、「切り抜き」「ゴミ取り」のしやすさです。
 
 
皆さんは商品写真を選んでいる時に
 
被写体に付いた変な汚れやほこり、や
 
被写体の写りこみ
 
等が気になりませんか?
 
 
 

素人は撮影時にゴミ・写りこみに気づかない
 
 
私は今でも写真を選んでいる時に
「金属部分に自分写りこんでるじゃん!!」
ってなります・・・(笑
 
 
 
理由は簡単。 

ほこりはどこにでもあるし、金属は写りこむものだから です。
 
 
 
ただし、そんな普通な事が
 
写真になると非常に違和感があります。
  
  
 
実店舗の棚に並ぶガラスのコップに指紋が付いていても「汚ねー」って思う人は少ないでしょうが、ネットショップの写真で指紋が付いていたら「汚くて確実に買う気が失せます」
 
写真は現実を素直に移してはいけない、という事に気づかされます。
 
 
 
 
 
すべての商品をキレイに磨いても、小さなホコリはすぐに付着してしまい、撮り直すよりも補正した方が早い場合がほとんどです。
 
そういった理由で、商品写真の補正には「ゴミ取りの」しやすさが重要になってきます。
 
 
 
 
商品に沿って切り抜く
 
 
白い背景に商品だけが写っている写真。
 
あれは全て 切り抜き画像 です。
 
ネットショップなどではよく見かけるお馴染みの商品写真ですが、ひとつひとつソフトで商品に沿って切り抜いています。
 
 
 

 
この 「ゴミ取り」 と 「切り抜き」 ですが、Fireworksだとほぼ不可能と思ってください。
 
「ほぼ」と付けたのは、Fireworksの操作に長けた人が切り取り・スタンプ等の機能を駆使すれば可能だからです。
 
初心者には無理だし、日常的な仕事でこれを行うのは効率が悪いです。
 
 
 
 
PhotoshopとPhotoshop Elementsにはゴミ取り専用のツールがあるので、簡単な作業で余計な部分を消す事ができます。
 
より高度な補正をする場合は(チャンネル等ほかの機能を複合的に使えるので)Photoshopの方が上です。毎回ですが、より上を目指したい場合はPhotoshopをお勧めします。
  
手軽さを重視するならば、PhotoshopとElementsに差はありません。
 
 
 
 
 

トリミングの結論:
PhotoshopとPhotoshop Elementsに分あり!
Elementsでもそれなりに高度な事ができる!
 

  
 
 
 
 
 
 
 
 
  
以上の点にその他の要素も踏まえて総合評価をしていこうと思います。
 
 
 
実際に導入するにあたって重要になる【価格】ですが、今アマゾンで調べてみると
 
Photoshop CS3       100,523円
Photoshop Elements 5.0  13,264円
Fireworks CS3        39,921円
 
となっていますね。全てWindows・日本語版の価格です。
 
  
 
さすがにPhotoshopが圧倒的に高いです。。。 
 
しかし画像にこだわりたい方には価格に見合った価値があるほど完成されたソフトです。
 
業界のデファクトスタンダードになっていますので、【プロ並み】の画像編集を目指す方は悩まずに購入してください。

 
 
 
 
 

次にElementsとFireworksです。
 
前回までの内容を見ると、画像補正の性能ではElementsが勝り、価格でもトリプルスコアでElementsが勝っていますのでFireworksに打つ手なしか?と思われますが・・・
 
ここで一つ重要な事実があります。
 
それは最初に述べた通り、 Fireworks は web用グラフィック編集ソフト だという事。
 
 
 
 
Fireworksの作業領域は
 
画像補正・イラスト作成・レイアウト・画像出力、そしてなんとHTML形式での出力までもが可能なんです!
 
 
 
 
 
写真の加工をする「Photoshop&Photoshop Elements」とは違い、
 
Web製作に関する一通りの仕事がこのソフト一本で出来る事になります
 
これは便利ですよ!

 
  
 
 
もっとも、HTML出力に関してはあくまで”プロトタイプ”としているので本番用としての実用には耐えかねるでしょう。
 
実際に使用してみると、任意の画像とテキストを【ガチガチの】テーブルレイアウトで出力するだけです。プレビュー用としての機能ですね。
 
 

 
 

「ネットショップ用」 として考えると、(Photoshop系に劣るとはいえ)ある程度の画像補正ができて、その他Web製作に関する仕事が同時に出来るならば画像編集専用のElementsが3つ変える値段なのも納得がいくと思います。
 
 
web製作をする上で 【グラフィック作成ソフト】【レイアウトソフト】 は必ず必要となります。
 
そして、その分野でトップを行っているのがこの【Fireworks】なのです。

 
画像補正機能を抜きにしても、Fireworksはweb製作の必需品です。 
 
 
 
結論を出します。
仕入れ・発送等、サイト製作ばかりに時間をさけない個人ショップオーナーさんがまず初めに画像編集ソフトを導入するならば
 
Fireworksを買うべきです!
 
サイト製作に費やす時間が短縮する事間違い無しです!
 
 
 
とてもメジャーなソフトなので、操作方法や機能の説明をしてくれているサイトが数多くあります。何をやっていいかわからずに眠らせてしまう事はまず無いと思います。(もちろん習得に多少の努力は必要ですが・・)
 
 
サイトのデザイン・写真の質を向上させたいと思うオーナーさんは、是非導入を検討してみてください。
 
 
 
 
PhotoshopとFireworksだけを褒めて話が終わるとElementsが可哀そうですから、Elementsの便利な機能も少しだけ紹介しておきます。
 
Elementsは写真管理(アルバム機能)・写真編集(Fireworksより高機能)・閲覧機能(スライドショー)等ができます。
 
FireworksはWeb製作に特化したソフトですが、Elementsは
ファミリーユースに特化したソフトだと思います。
 
と言うか、実際家族連れのお父さんを意識した商品です。
 
もしこのブログが「家族の写真を編集・楽しく整理したい」という目的ならば、私は間違えなくPhotoshop Elementsを勧めていたでしょう。
 
 
 
 
世の中にはいろいろなソフトがありますが、全て一長一短があり、製作者のコンセプトは三者三様です。
 
機能や価格に惑わされずに「何に使うか」「何で使うか」を考えて選べば、必ず目的に合ったソフトが見つかるハズです。
 
 
  
 
 
 
 

まとめ  
 
【Photoshop】
画像補正ソフトの最高峰。 ネットショップを本気でやるなら、いつか買う必要がある。
 
【Photoshop Elements】
ネットショップ利用にも耐えうる。 価格を考えると、最初に導入するのも1つの手。
 
【Fireworks】
web用に特化したグラフィック編集ソフト。 画像補正の機能もついている。
画像補正を抜きにしても、グラフィック作成、レイアウトソフトとして必需品。
画像補正のみで考えると、Photoshop Elementsにも劣る。
商品切抜き画像を作成したい場合は、Photoshop系も買う必要あり。

商品写真補正が90円から
当サイトでは商品写真補正サービスを行なっています。
Photoshopを持っていないショップ運営者の方、写真補正を外注したい方、是非ご連絡ください。

3 / 3123