【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

30Aug2011

[WordPress] QRコード表示プラグイン

WordPressスーパーカスタマイズ 3.0対応 ポテンシャルを100%引き出すテクニック
PHPによるWordPressカスタマイズブック―2.8対応 テンプレートの改造からプラグインの作成まで
WordPress ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
10日でおぼえる WordPress 入門教室 [WordPress 3.x対応]
–PR–

ふと思いついてQRコードを表示してみました

ふと思いついてQRコードを表示してみました

天気の良くて涼しい最高の午前中に仕事をしていたら、突然こんな事を思いつきました。

「あ。。ブログにQRコードつけよー。。。」

(↑出来る限りアホみたいな表情で)

さっそくプラグインを探す事1分。

今回はこちらを使わせて頂きました。

QR Code Tag v1.0

選んだ理由は「WordPressの管理画面から検索して出てきたから」です。
探す際はプラグイン検索窓に「QR」と入力してください。

では設定をいじってみます。

こんな感じの設定画面から、かなり細かいチューニングが可能です。

QR Code Tag 設定画面

今回僕がやりたかった事は、

・各記事の携帯版リンクをQRコードで生成
・それをウィジェットに表示させる

です。

まず「各記事のリンクコードを生成」ですが、これはデフォルトの機能ですので設定はいじりません。

次にウィジェット表示ですが、ウィジェットの設定画面に専用のウィジェットが容易されているため、それを使用すればいいだけ。

作業は一瞬で終了です。

かと思いきや、

実際にブログに表示されたQRコードをクリックすると何故か英語版wikipediaの「QR Code」のページへリンクが^^;

これは不親切ということで、もうちょっと作業継続。

リンクを削除してクリックしても何もおきない画像にするか、QRコードのアドレスへのリンク(つまり”現在の”ページ)へのリンクを貼るか。。。

個人的にはwebでQRコードを見つけると押したくなる習性を持つため、リンクを無くすのは悲しい。

現在のページへのリンクを貼ることにしました。(何の合理性があるか? 何の合理性もありません。)

設定ページの下記チェックの部分にデフォルトでは英語版wikipediaのアドレスが記入されている為、削除します。

今回の場合は”現在のページ”のリンクを自動生成するため「true」と書いておきます。

WordPress QRコードプラグイン 設定方法

この欄に任意のアドレスを入れる事もできますので、ブログトップへの固定リンクを貼ることもできます。

これで設定は終了。

実際の作業時間は2分ほどでした。

出来栄えは、実際にサイドバーを観て確認してください^^

リンク:QR Code Tag v1.0 作者サイト

7 / 7« 先頭...34567