【旧刊】WordPressテーマ制作のみを取り扱った別冊電子書籍がAmazon Unlimitedでお楽しみ頂けます!!
Amazon Unlimited内で 田中勇輔 で検索してください。

☓ 閉じる

5Dec2009

セッション数とユニークユーザー数の違い

【2007年に他サイトで書いたブログ記事を再アップします。】
 
 
前回アクセス解析の基本的なデータの読み方の解説をしました。
 
今回も同じ画像を使い、誤解の多い部分の解説をします。
 
まずは以下の画像をクリック、別ウィンドウで表示してください。
 

アクセス解析 参考データ

アクセス解析 参考データ


 
 
 
リストの一番上に「セッション数」があります。
 
前回、セッション数とは「サイトを閲覧した人の数」と説明しました。
 
 
では次に・・・セッション数の下に「ユニークユーザー数」とありますね。
 
普通に考えるとこちらも同じく「サイトを閲覧した人の数」になります。
 
 
 
 
 
 
ん!?
 
 
お気づきですか?
両方同じ「サイトを閲覧した人の数」を示しているのに数値が違いますよね!!
 
なぜでしょう。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
実はこの2つの数値の違いを知らずにアクセス解析を使っている人が”意外と”多いんです。
 
今回はこの2つの違いについてです。
 
 
 
 
 
ではまず「ユニークユーザー数」から解説します。
 
 
ユニークユーザー数とは、
選択した期間中に「サイトを閲覧した人の数」を重複せずに計測したものです。
つまり「どれだけ違う人が来たか」を表示しています。
 
 
 
今回は7/20?7/26までの期間のデータを表示しています。
 
この期間中、私は毎日ブログを更新したりチェックしたりしていましたが「1」とカウントされます。
 
また私のパソコンから他人がアクセスしてもカウントは増えません。
 
同一IPアドレスを「一人」とカウントしている為、例えば家族内で別々のPCからアクセスしてもカウントは「1」となります。
 
「ユニークユーザー」という観点からはこの点が問題なのですが、パソコンの前に座っている人物が持ち主か他人かを見分けるのはGoogleの技術力を持ってしても不可能です(笑
 
現時点ではこの「同一IPアドレス」を「一人」とカウントする方法が一番正確でしょう。
 
 
 
ユニークユーザー数については理解できたと思います。
 
 
 
 
 
次は「セッション数」です。
 
セッション数とは「サイトを閲覧した人の数」の中でも、
【サイト内で取った一連の行動を一つの単位として】計測したものです。
 
例えば、私が朝起きて自分のブログを見るとします。
この時点でセッション数は「1」、ユニークユーザー数も「1」になります。
 
そしてブログ内で
トップページ→昨日の記事→一昨日の記事
と移動して、ページを閉じるとします。
 
この時点でセッション数・ユニークユーザー数は「1」
ページビュー数は「3」になります。
 
サイト内で取った一連の行動は「セッション数1」とカウントされました。
 
 
そして夕方、またブログを閲覧するとします。
この時点で【セッション数が2】【ユニークユーザー数が1】となります。
 
 
朝にとった「ブログを見る」という行動が終わり、また別の行動として「夕方にブログを見る」という行為があったからです。
 
 
では「一連の行動」の定義はどうなっているのでしょうか?
 
実は明確な定義があり、
「サイト内で30分間操作がなかったら、セッションが終わったと見なされる」のです。
 
 

再アップにあたり、追記 ここから
この記事では説明を省いていましたが、実は各ページに埋め込むタグに1行加えると、タイムアウトの時間を任意に決められます。
 
各ページに埋め込む以下のタグに
 
<script type=”text/javascript”>
var gaJsHost = ((“https:” == document.location.protocol) ? “https://ssl.” : “http://www.”);
document.write(unescape(“%3Cscript src='” + gaJsHost + “google-analytics.com/ga.js’ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E”));
</script>
<script type=”text/javascript”>
try{
var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-xxxxxx-x”);
pageTracker._setSessionTimeout(“3600”); // セッションを 1 時間に変更する
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>
 
太字部分を追加します。
 
この例では
pageTracker._setSessionTimeout(“3600”);
が追加された為、3600秒すなわち1時間でタイムアウトとなります。
 
再アップにあたり、追記 ここまで
 
 

例えば、ブログを見ていましたが一度ブラウザを閉じ30分以内にまた閲覧した場合は「セッション1」となります。
 
ブログを見ていた途中にトイレに立ち、30以上経過した後に戻ってきて再度ブログの別のページを見始めた時は「ブラウザを開いたまま」でも「セッション2」となります。
 
 
 
これで「セッション数」と「ユニークユーザー数」の違いがわかったでしょうか?
 
 
 
セッション数は多いのにユニークユーザー数が少ない、といった場合は「特定の人が何回もリピートしている」という事です。
 
逆にユニークユーザー数とセッション数が同じくらいの場合は「ほとんどの人が戻って来ない」場合です。
 
 
 
「ページビュー」「滞在時間」の次は「リピート率」も意識してみてください!
 
 
 
 

4Dec2009

アクセス解析、まずはここから

【2007年に他サイトで書いたブログ記事を再アップします。】

以前「Google Analytics」の導入を勧める記事を書きました。
 
今回はより具体的に「Google Analyticsで何がわかるか?」を説明したいと思います。
 
 
まず初めに、下の参考データを見てください。
 

アクセス解析 参考データ

アクセス解析 参考データ


 
 
 
 
 
 
この画面はAnalyticsにログインし、左側の「ユーザー」「サマリー」と押すと閲覧できます。
 
それ以外の操作方法はまた後ほど解説しますので、今回はこの画面からわかる事を説明します。
 
 
ちなみに上のデータは、このブログを初めて5日目?12日目のアクセス解析の結果です。
 
 
ある程度人気のあるサイトのアクセス解析を公開するのは勇気がいりますが、始めたばかりでこれだけ人が来ていないと逆に勇気もいりませんね(笑
 
 
 
 
まず最初に見て頂きたいのは、一番大事な
ページビュー(PV)
です。
 
上の画像中ほどに「255 ページビュー」と書いてあるのがそうです。
 
ページビューとは、サイト内のページが何回閲覧されたかを示す数値です。
 
例えば、一人の人が
トップページを見て
ページAを見て
トップページに戻ると
ページビューは「3」になります。
 
 
簡単に解釈すると、「どれだけページが読まれたか」です。
 
 
「簡単に」とつけたのは、この後出てくるいろいろな要素を複合的に分析していくと、
ページビュー=どれだけ読まれているか
では無い事に気づくからです。

 
この謎は最後に解けますので必ず「最後まで」読んでください!(笑
 
 
 
ページビューの次にチェックするのは
セッション数
です。
 
データリストの一番上にある「81 セッション」がそうです。
 
セッション数とは「サイトを閲覧した人の数」です。

 
先ほどの例と同じで、一人の人が
トップページを見て
ページAを見て
トップページに戻ると
ページビューは「3」になりますがセッション数は1になります。
 
 
 
ページビューをセッション数で割った物が
平均ページビューとなり、
一人当たりどのくらいページを読んでいるか
の数値となります。
 
つまりこの数値が「ショップの面白さ」「どれだけ興味を引く内容か」を示す指標になります。

差し当たり「平均ページビュー」を増やす事が、ネットショップ成功への近道となります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、初心者はここで満足してしまいますがこれでは最初に言った「簡単な解釈」止まりですね。
 
最後に「平均ページビュー」を重要な数値に合わせます。
 
 
それは「平均サイト滞在時間」です。
 
 
平均ページビュー:どれくらいの数のページが読まれているか
平均サイト滞在時間:どれくらいじっくり読まれているか

 
この2つの数値をバランス良く上げて行く事が最重要課題です。
 
 
ページビューが多くても滞在時間が短いサイトは、例えるなら「立ち読み」タイプです。
 
写真や見出しにインパクトがないためパラパラとどんどん先に進んでいき、内容は一切読んでもらえず記憶にも残らないサイトです。
 
 
最初に「ページビュー=どれだけ読まれているか、ではない」と言った意味がここにあります。
 
ページビューが多ければ確かにページは表示されていますが、閲覧時間が多くなければ「全く読まれていない」可能性もあります。
 
 
 
滞在時間が長くてもページビューが少ないサイトは「お説教」タイプです。
 
一つのページにタラタラと長い商品説明をを詰め込んでしまい「他に何を扱っているのか」など、サイトの全体像が見えずにお客さんは逃げ出してしまいます。
 
 
 
あなたのサイトが「立ち読み」タイプの場合は、写真やデザイン・見出しにインパクトを与えてください!
見ている人が興味を引く様な写真・見出しでアピールする事で、じっくりページを読んでもらえるようになります。
 
 
あなたのサイトが「お説教」タイプの場合は、他の商品へのリンクを増やしてください。
他の商品をアピールするチャンスを増やす事でページビューは増えます。
 
 
 
 
「平均ページビュー」「平均滞在時間」が増えれば、売り上げも確実に伸びますので、まずはここから改善するといいですよ!
 

3Dec2009

アクセス解析は必ず設置する

【2007年に他サイトで書いたブログ記事を再アップします。】

ネットショップをこれから作ろうとしている方の中には「アクセス解析」を知らない人もいるでしょうから、まず初めに「アクセス解析とは?」の説明をしたいと思います。
 
 
「アクセス解析」とは、閲覧者のサイトへのアクセス手段・閲覧環境・サイト内での動向を解析するツールの事です。
 
それにより、
マーケティング的に重要な「アクセスの時間帯・地域」「訪問頻度・閲覧時間」「OSの種類」「何というキーワードで検索して訪問したか」等のなデータが収集できます。
 
ネットショップでアクセス解析を利用しないという事は考えられません。
 
 
プログラミングの技術がないと作成は難しいですが「無料アクセス解析」ツールを提供している会社も数多く、一般的にはそれら無料アクセス解析ツールを利用するケースがほとんどです。
 
 
ただ、無料の物は総じて低機能な物が多く、それに対して有料で高機能のアクセス解析を提供する会社もありますが個人ショップにとっては致命的な値段の物がほとんどでした。
 
しかし2005年末の「Google Analytics(無料)」の登場で有料サービスを諦めていた利用者に喜ばしい奇跡が起こりました。
  
  
「Google Analytics」の説明にはWikipediaを引用します。
 
—2005年3月にGoogleが買収したUrchinなどの、通常だと1ヶ月400ドルするウェブ解析ソフトの無料提供を2005年11月より開始した。メインは効率の良いGoogle AdSenseの広告貼付を行うために解放しているが、Google AdSenseを利用していないウェブ管理者でも問題なく利用できる。—
オリジナルページはこちらです。
 
 
以上の説明でお分かりの様に、Google Analyticsは
「無料ツールの常識をくつがえすくらい高機能です」
 
アクセス解析を導入の際は「Google analytics」で良いでしょう。
 
 
もちろん自身で他のサービスの比較をしたい方は、是非自分の目で確かめてからでも遅くありません!
 
無料アクセス解析ツールの比較・解説サイトは数多くありますので、参考にしてみてください。
 
 
 
さて、Google Analyticsのメリットですが・・・・デメリットを説明した方が早いと思います(笑
 
 
あえてデメリットをあげるなら
 
「解析をする全てのページの下部に数行のコードを挿入する必要がある。」
「数行のコードの挿入により、若干(ほんとに若干ですが)ページを開くのに時間がかかる」

 
これくらいでしょうか?
 
 
ネットショップを作成する場合はフレームやテンプレートを使うでしょうから、実際には全てのページに手作業でコード挿入をする必要は無いといえるでしょう。
 
他の無料ツールでは「各ページに固有のコード」を挿入する必要がある物もあります。この場合は本当に手作業ですべてのページにコードを挿入していきます(泣
 
 
 
Analyticsの場合は挿入されるコードも閲覧者には表示されない物ですし、ページ最下部に挿入するため「ページの表示時間」に大きな影響は無いと言えます。
 
閲覧者のブラウザはページの上から順に読み込んでいきます。ページを読みきった後の最下部にコードを挿入するため表示時間には大きな影響がありません。
 
他の無料ツールは「(私の知る限りは)必ず」ページのどこかにツール提供元を示すマークが表示されます。
 
 
いろいろデメリットの多い無料ツールの多いなか、
最もデメリットの少ないツールがGoogle Analyticsだと思います。
 
 
 
 
 
さて、みなさんは上の”小さな小さな”デメリットを敬遠する為にマーケティング上非常に強力なツールであるアクセス解析を手放しますか?
 
導入しない手はないでしょう!
 
 
 
このブログでは今後より具体的に「アクセス解析のデータの読み方」を解説していきます。
 
ある程度の期間「データ」を貯めないと「お客さんの動向」も掴めません。
 
一刻も早く「アクセス解析」を導入してください!
 

8 / 8« 先頭...45678